仕事や旅行など、大事な時に起こってしまう頭痛は辛いものです。こんな時、頼りとなるのは頭痛薬。いつ起こるか分からない頭痛に不安を感じ、薬が手放せない方もいるでしょう。でも気をつけて!もしかしたらその頭痛は、頭痛薬の飲み過ぎで起こっているのかもしれません。

薬を多用しすぎることが原因「薬物乱用頭痛」

頭痛には頭痛薬が効くと思い込んでいませんか。あまりに頭痛薬を頼りにしすぎて、飲む量が増えていませんか。頭痛薬を飲みすぎると、薬が原因で頭痛が起こってしまうことがあります。「薬物乱用頭痛」と言い、もともと偏頭痛や緊張性頭痛を持っていた人が陥りやすい症状です。頭痛薬は簡単に薬局で手に入るので、気がつけば服用する量が多くなってしまうことがあります。

市販薬とは、非ステロイド性消炎鎮痛剤などの鎮痛薬(ロキソニンやバファリンなど)や、複合鎮痛薬(鎮痛薬にカフェインが加えられているもの)が該当します。市販薬だけではなく、医師から処方された頭痛薬(エルゴタミン製剤、トリプタン)を飲み過ぎて、薬物乱用頭痛となる場合もあります。

薬物乱用頭痛の悪循環

もし慢性の頭痛があり、頭痛薬を月に10日以上飲んでいる場合は、薬物乱用頭痛である可能性があります。薬物乱用頭痛になるのは、頭痛発作への精神的な不安から陥ることが多いそうです。辛い頭痛発作の経験から、頭痛が怖くなって身構えてしまい、頭痛を避けるために薬を飲むようになってしまう。すると予防と称して飲む量が増えやすく、同時に薬が効きにくくなっていきます。常に頭痛のことが心配で痛みに敏感となるため、頭痛を感じる回数が増え、さらに薬を飲む、というような悪循環に陥っていきます。薬を飲んでいるのに効き目がなく、頭痛がひどくなってきている場合も、薬物乱用頭痛であることがあります。

頼りになる薬が、飲みすぎで害となることも

度々起こる頭痛は辛いものです。しかし薬を飲みすぎると、かえって慢性頭痛となる可能性があることを覚えておきましょう。市販薬などの頭痛薬は飲むのであれば、月に10日以内にしましょう。薬はカフェインが含まれていないもの、そして複合薬(複数の成分による合剤)は避けたほうがいいそうです。慢性頭痛がある場合は、早めに専門医に相談しましょう。

薬を多用している場合は薬物乱用頭痛であることも多く、その場合は原因となる薬を突きとめてもらい、2ヶ月間原因となる薬の服用を中止します。急に薬をやめると、最初は頭痛がひどくなったり吐き気などが起こることもありますが、他の治療薬を使って対処していきます。体の辛い症状を抑えてくれる薬はありがたい存在ですが、上手に使わないと健康を害することもあります。頭痛のみならず、体の調子が悪いときは、自己判断で市販薬に頼りすぎないようにしましょう。


writer:Akina