画像提供:マイナビニュース

写真拡大

セイコーウオッチのファッションウオッチブランド「ワイアード」から、新シリーズとなる「SOLIDITY(ソリディティ)」が発売された。アナログクロノグラフが4モデルと、BEAMSプロデュースによるデジタルクロノグラフが4モデル、計8モデルの展開だ。税別価格は22,000円から30,000円。

SOLIDITYは、自らの意志や感性で自らの道を切り開く若者を、金属の重厚感や存在感を意識したデザインで表現したという。アナログクロノグラフは、稜線を強調した面で構成した重厚なケースが特徴的で、タフでアクティブな印象に仕上げた。

ラインナップと税別価格は、AGAW443とAGAW444が23,000円、AGAW445が22,000円、AGAW446が26,000円。ケースとブレスレットの素材はステンレススチール、ケースサイズは外径43×厚さ14mm、風防はカーブガラス、防水性能は10気圧。

一方、BEAMSプロデュースのデジタルモデルは、鉄の塊を連想させるさらなる重厚感をまとう。1980年に発売された「サイボーグ風デジタルウオッチ」をリデザインしており、当時のレトロな雰囲気とともに、ソリッドで洗練された仕上がりになっている。BEAMSバイヤーである古屋雄一氏は、「まず手首に当てて置いてみて、その重量感を実感して欲しい」と語っている。裏ぶたには「Featuring BEAMS」が刻印され、ミニカードが付属。

ラインナップと税別価格は、ケースとブレスレットの素材がステンレススチールで文字板がホワイトのAGAM401が28,000円、文字板がゴールドのAGAM402が30,000円。また、ステンレススチールケースにナイロンブレスレット、ホワイト文字板のAGAM403が28,000円、ブラック文字板のAGAM404が30,000円。ケースサイズは縦51.3×横41.6×厚さ13.8mm、風防はカーブガラス、防水性能は10気圧。