長友が『ABC-MART』主催イベントでハッスル!小学生と「身長トーク」で盛り上がる

写真拡大 (全7枚)

先日の日本代表戦に出場したインテルDF長友佑都が16日、株式会社エービーシー・マート主催のイベントに登場した。

昨年から『ABC-MART』のアンバサダーに就任した長友。今回は「ABC-MART長友佑都スペシャルカリキュラム」として店長やスタッフを対象としたメンタルおよびフィジカルのトレーニングを実施。さらに、小学生を対象としたサッカークリニックではゲームを行い、その後にはイベント参加者全員と一緒に長友の専属シェフである加藤超也氏の「パワーランチ」を食した。

寝る前や試合前に行っているという「瞑想」でメンタル面を整えた後、フィジカルトレーニングでは普段あまり使わない筋肉を刺激。

こちらは_| ̄|〇の練習…ではなく背中や肩の筋肉をほぐすトレーニング。4つほどのメニューだったが暑さもあってか参加者にとってはかなり良い運動になっていた。

小学生とのゲームでは劣勢側のチームに常に入り、子どもたちを鼓舞しながら楽しそうにプレー。身体が温まるにつれて代表戦の疲れを感じさせないキビキビとした動きを見せていた。

そしてパワーランチ。食事の重要性を語るとともに、「好き嫌いはある?」「学校では何が流行っている?」など子どもたちと積極的に交流。

その中でも意外な盛り上がりを見せたのが身長トークで、高学年で一番高い子が何cmか聞くなど小学生の身長事情に興味津々。自身のプロフィールには「170cmと書いてある」などひと通り盛り上がった後、さらに子どもたちが続けようとすると「もう身長の話はやめよう」「メッシは何cm?身長なんて関係ない」とうまくまとめていた。

最後は、ワールドカップ予選残り2試合に向けて「絶対に負けられない」と強い気持ちを表しつつ、このオフは移籍を視野に入れていることを明言。そして、間近に迫った平愛梨さんとの挙式について「いろいろな方に感謝を伝えたい」と語っていた。