「プロデュース101」出演のNU′EST、ミンヒョンを除いた4人組でカムバックの可能性も?

写真拡大 (全2枚)

1人は合格し、3人は残念ながら脱落した。それでもファンダム(特定のファンの集まり) を育て、認知度を高めることには確かに成功した。第2幕の再出発への可能性は十分にある。

Mnetのサバイバル番組「プロデュース101」シーズン2は、グループNU'ESTに多くのことを与えた。出演したキム・ジョンヒョン(JR) とカン・ドンホ(ベクホ)、チェ・ミンギ(レン) が最終的に“Wanna One”のメンバーにはならなかったが、ファン・ミンヒョンは最終の11人に入り、他の3人も人々に確実に認識された。

ミンヒョンが1人でWanna Oneとして活動することになり、NU'ESTの4人組でのカムバックの可能性が高まっている。「プロデュース101」を通じて最高の関心を受けているだけに、ミンヒョンが抜けてはいるものの、グループとして韓国内での活動を続ける十分に良いチャンスである。

2012年にデビューしたNU'ESTは、既に6年目のグループだ。そのため「プロデュース101」に初めて登場した時、多くの噂が付きまとったが、4人のメンバーたちは努力で議論を跳ね除けた。そして成長で実力を見せ、応援を受けている。

NU'ESTの活動を続けるのに、二度とない良い機会であるわけだ。JRは「プロデュース101」を通じて特有のリーダーシップを発揮し、常にチームをうまく導き、ベクホはボーカルとしての魅力を十分に発揮した。レンも個性的な姿で人気を集め、ミンヒョンはハンサムなルックスで最終メンバーに抜擢された。番組を通じて見せた彼らの才能と魅力をNU'ESTにつなげていくタイミングである。

番組終了後、ベクホも「これからもっと良い姿を見せたいし、そうするようにして下さってとてもありがたいです。頑張ります。#ファン・ミンヒョン #キム・ジョンヒョン #クヮク・アロン #チェ・ミンギ #カン・ドンホ」いう書き込みを掲載し、NU'ESTの活動に対する意志を固めた。

「プロデュース101」で始まった彼らへの関心が最も熱いうちにカムバックすることが大事である。この関心と人気を維持するための戦略だ。しばらくミンヒョンが共に活動することはできないが、他のメンバー3人の相乗効果を期待することができる。NU'ESTの2013年の発表曲「ヨボセヨ」がチャート逆走行を記録したことを見ても、人々の関心が大きいということが分かる。

デビュー以来、韓国内よりは海外の活動でより注目されたが、「プロデュース101」を通じて6年ぶりに再び栄光を見るようになったNU'EST。第2幕に向けた歩みが注目される。

「プロデュース101」出演のNU'EST、4年前にリリースした「ヨボセヨ」が音楽配信サイトで1位に!チャートを逆走行