グウィネス&ブラピ、かつて婚約していた時期も

写真拡大

人気バンド「コールドプレイ」のクリス・マーティンと離婚し、恋人はいるものの独身の女優グウィネス・パルトロウ。その彼女がかつて婚約していたのは、女優アンジェリーナ・ジョリーに離婚を申請されやはり独身になろうとしている俳優ブラッド・ピットだ。「彼に恋していたのよ」と語っていたグウィネスは、恋人はいるものの「ブラッドこそ運命の相手だったのでは?」と考えることはないのだろうか。

このほどグウィネス・パルトロウがFacebookの「Q&A」に参加し、ブラッド・ピットとの復縁の可能性につきこう語った。

「私とブラッドがヨリを戻すべきか…。それを聞きたがっている人がいるの。」

互いに独身だけに、その可能性もゼロではないのかと思いきや…?

「私はこう思っているわ。時すでに遅しってね。」

ちなみにグウィネスは24歳の若さでブラッドと婚約するも、その後に破局。その理由は「心の準備ができていなかったから」と明かしているが、ブラッドのことは本気で愛していたといい過去にはこう話していた。

「そう、彼に恋していたの。彼はものすごくハンサムで、しかも優しかったわ。かのブラピよ? 私の父も、私達が破局したときには随分ガッカリしていたわ。」
「でも出会った時、私はまだ22歳だった。色々なことを理解できるようになったのは、40歳になってからよ。22歳で大きな決断を下すなんて無理。私には何の準備もできていなかったし、彼は私にはもったいない人だったわ。」

また現在グウィネスはプロデューサーのブラッド・ファルチャックと交際中で、こちらとはこのままゴールインに向かうのではないかと言われている。
(TechinsightJapan編集部 ケイ小原)