そろそろじゃないの?「彼女とは長いけど結婚しない」男のホンネ

写真拡大



こんにちは、恋愛プランナーのTETUYAです。彼女がいるのに、なぜか、なかなか結婚しないタイプの男がいます。そこには、彼らなりの理由があるはず。その理由を知ることができれば、もし、あなたがその彼女になったとき、色々と対策が立てられると思います。今回は、そんな理由についていくつか紹介したいと思います。

■1.自分に自信がない

まずは、自分に自信がない男。自信にも、いろんな種類があります。たとえば、自分の年収。「俺、結婚しても生活していけるんだろうか?」「お小遣い生活に入ったら、今まで好きでやっていたこともできなくなる」などの不安が生じて結婚に踏み切れないパターンです。それとリンクするのが貯金。結構な高い確率で、貯金がない男がいます。僕は思うんですが、貯金がないことを理由で、結婚に踏み切れない男が、この先も自分で貯金ができるとは、到底思えません。こういう男ほど、さっさと早く結婚して、奥さんにお金の管理をしてもらったほうが、よっぽど、いいと思います。もし、結婚したいと思う彼氏がお金周りの不安を抱えているなら、自分が食べさせていくくらいの覚悟を持って追い込みをかけるしかないですね(苦笑)

■2.期待

彼女がいても、結婚に踏みきれない男のパターンに、「俺には今の彼女より、もっといい人がいる」と淡い期待を抱いてる男がいます。自分を過大評価しているあまりに、自分の見失っているタイプです。こういうタイプは、自分が思っているより、そこまでモテないという現実に直面しないと、なかなか完治しません。対策としては、賭けですが、一旦、別れを切り出してみるというショック療法がいいかもしれません。(どうせつきあっていても、結婚してくれないなら、これもアリかと思います。)おそらく、数カ月くらいたてば、現実を知り、未練がましく復縁連絡してくるはずです。ここで、結婚を条件に復縁するのが賢明です。

■3.そもそも、価値観合わない

現在、つき合ってはいるものの、そもそもの結婚生活を送るうえでの価値観があっていないと、心の奥で思っているタイプです。例えば、子供は欲しい?欲しくない?や専業になって欲しい?共働き?食べ物の好みが合う?合わない?など、ここの価値観が自分と合っていないから、結婚はできないと悩んでいるんです。二人の会話の中で出してくれてればいいものの、なかなか言ってくれない。そんな場合は、あなたの方から、それとなく彼の価値観を聞きだしながら、少しずつ合わせていくしかないと思いますし、どうしても無理なら、早めにお別れを選択したほうがいいですね。

■4.恋人にするには、最高だけど・・・

女性にとっては、少し耳の痛い話になりますが、あなたに、好き好きと愛情表現をしているとしても、男の中には「恋人にするにはベストだが、結婚相手だとチョットないかな」と思っている場合が大いにあります。何が足りないのか?そこには、一緒に居るときの、安心感であったり、楽だったりの「やすらぎ」や、露骨ですが、金銭感覚もそうです。お金のかかる女は、敬遠されがちなのです。こんな、そしてコワイのは、「好き好き言って結婚してくれないタイプ」は、絶対、「恋人にはいいけど、結婚相手には無理」なんて、口が裂けても言わないと思うので、早めにあなたのほうから見切りをつけて次に行くべきでしょう。

■おわりに

もし、あなたの彼がなかなか結婚してくれないという状況に陥ったとき、どのタイプが見極めて対策を練っていくといいです。ただ、あまり執着せずに、他の男にも目をやって、ちゃんと見て保険をかけておくのもいいですよ。これも、深い傷を負わない恋愛リスクヘッジのひとつです。(TETUYA/ライター)

(ハウコレ編集部)