女子シングルスで優勝した孫穎莎【写真:Getty Images】

写真拡大

荻村杯女子単は16歳孫が平野破った世界5位陳から大金星で初優勝

 卓球の荻村杯ジャパンオープン(東京体育館)は最終日の18日、女子シングルス決勝で16歳の孫穎莎(中国)が世界ランキング5位の陳夢(中国)をフルゲームの末に4-3で逆転勝ち。準決勝で平野美宇(エリートアカデミー)にストレート勝ちした強豪から金星で初優勝を飾り、初出場のワールドツアーで女子ダブルスに続く2冠の快挙を達成した。

 場内インタビューでは「うれしいです。ダブルスで優勝して自信がついた。勝てるかわからなかったけど、本当にうれしい」と喜んだ。

 男子シングルス決勝では世界ランキング1位の馬龍(中国)が同2位の樊振東(中国)を4-1で破り、ジャパンオープン初優勝。こちらも男子ダブルスに続き2冠を達成した。21歳以下の部を除くシニア部門は4種目ともに中国勢が優勝。王者の強さが際立つ結果となった。