記事画像

写真拡大

「時間がない」というのは、忙しい現代人にとって大きな悩みの1つ。ただ、時間が足りない状況を作っている原因は男女で大きく違うようなのです。

メディプラス研究所が運営する「オフラボ」がストレスについて男女約2500人を対象に調査した結果、驚きのギャップが明らかになりました。

女性は上位3つを家事と育児が占めたが...

それぞれに「時間が足りない」状況を作っていることについて質問してみると、女性の上位は、

1位 子どもの世話(58.8%)
2位 家事をする(56.3%)
3位 毎日の献立を考えること(38.5%)
4位 ネットをダラダラ使う(37.4%)
5位 TV・動画視聴のながら見(36.2%)

と、上位3つを家事と育児が占め、女性が1日のうちに多くの時間を家事・育児に費やしていることが読み取れました。一方の男性は、

1位 趣味を行っている(30.6%)
2位 子どもの世話(26.7%)
3位 家事をする(25.2%)
4位 職場の残業が多い(23.1%)
5位 ネットをダラダラ使う(22.8%)

という結果に。4位の「残業」には"いつもありがとう。ゆっくりしてね"と労いの言葉をかけたいところですが、1位はなんと「趣味」でした。趣味で時間が無くなっているというのは、裏を返せば趣味を十分楽しめるほど"時間がある"ということでは? と思ってしまいます。もしかすると、趣味に没頭するあまり「こだわり」が生まれ、休日だけでは時間が足りないということでしょうか。とにかく女性の上位とのギャップに驚きます。

下手に家事を手伝われると逆にイライラ

一方、家事や育児が女性にとって時間的にも精神的にも大きな負担になっている問題を一時的に解決しようとして、男性がヘタに協力しようとするのも逆効果になる場合があります。ツイッターにはそれを証明するように、

「中途半端ならやるな」
「たまぁにしか家事しないのに、勝手がわからなくて聞いてくるから教えたらキレ気味。ならやるなや!!」
「自分に余裕無くて機嫌悪い時は人の洗濯物ぐしゃぐしゃにして投げてるくせに調子いい時に限ってちゃんと畳むのやめて欲しい つまり気分で家事するのやめて欲しい」

など、毎日やるわけでないのに、気分で手伝われると逆にイライラするという不満が数えきれないほど寄せられていました。

「じゃあ、どうすればいいの...?」と悩む男性のために記者が発見したのが、こんなツイートです。

「子ども達もパパも出かけた この時間がなんだかのんびり自分時間で好き」
「旦那さんが子どもを連れて泊まりに行ってくれた!最高や!!」
「よっしゃラッキィィィィィ!!!!(旦那と子供が出かけた)」

子持ち家庭の場合、ママたちにとって嬉しいのは「1人の自由時間」のよう。夫が子どもと出かけることに喜ぶ声が多数上がっていました。いつも子どもに付きっきりで、1人でリラックスする時間がほとんどない妻にとっては貴重な時間なのでしょう。下手に家事をやるよりも、子どもを連れて実家に帰ったり、ママなしで遊びに行ったりするだけで、奥さんはは喜んでくれるかもしれませんね。