テレビを見ている時やスマートフォンを眺めている時などに、目が疲れたのか、なんだか目がゴロゴロ、しょぼしょぼすることがありますよね。まさにこれはドライアイの症状。通常わたしたちの目には、涙を分泌させ、必要十分な潤いを保つ働きが備わっています。それでも目が乾いてドライアイになってしまうという方は、自分自身がドライアイを招いている他ありません。これからドライアイの原因となってしまう行いについて紹介するので、自分もやってしまっていないかチェックしてみてはいかがでしょうか。

︎コンタクトレンズの長時間装用

視力の悪い方には欠かせないコンタクトレンズではありますが、あまり長時間コンタクトレンズをつけたままにしているとドライアイとなる可能性が高いです。というのもコンタクトレンズには目から分泌される涙を吸い取ったり、表面から涙を蒸発させる性質があるからです。ちなみにコンタクトレンズ装用で発生する目の不快症状や障害のことを指す、「コンタクトレンズ障害」を発症している人の約90%にドライアイの症状が見られるようです。いかにコンタクトレンズを使用している方がドライアイに悩んでいるかがわかります。

︎冷房や暖房などのエアコンのかけ過ぎ

日中のオフィスの中や、自宅のリビング等でガンガンエアコンをかけているという方は、ドライアイとなる可能性が高いでしょう。これは単純にエアコンで冷房や暖房をかければかけるほど、空気が乾燥しドライアイとなりやすくなるためです。一緒に加湿器等で加湿でもしておけば対策は十分可能です。

︎パソコンやスマートフォンの凝視

パソコンやスマートフォンからは大量のブルーライトが照射されています。ブルーライトは人の目から直接脳に働きかけ、自律神経の交感神経を活性化させます。交感神経の活性化とは一種の興奮状態です。人は交感神経が活性化するほど、瞬き回数が減少する傾向にあります。つまりパソコンやスマートフォンを見れば見るほど、瞬き回数が減少し、果てにはドライアイとなってしまうというわけです。更にブルーライトは眼精疲労も併発させますので、まさに目の天敵とされるものです。目の健康を維持したいのであれば、パソコンやスマートフォンの使用をなるべく控えましょう。

ドライアイの予防・対策法としては、瞬きを多くすうよう意識することや、目薬を差すことなどがありますが、いかにドライアイを予防しようとも、ドライアイを引き起こす習慣を改善しないことには根本的な解決にはなりません。ドライアイに悩んでいる方は、まずドライアイとなる習慣を改善することからはじめた方が良いでしょう。


writer:サプリ編集部