G-DRAGON、番組出演なしに「人気歌謡」で1位を獲得!NCT 127&T-ARAらがカムバック

写真拡大 (全3枚)

PSY(サイ) とBIGBANGのG-DRAGONの対決。同じくYGに所属している2人が「人気歌謡」の1位のトロフィーをめぐって繰り広げた戦いで、G-DRAGONが勝利した。G-DRAGONは「無題」で1位を獲得した。

韓国で本日(18日) 放送されたSBS「人気歌謡」では、PSYの「I LUV IT」「NEW FACE」とG-DRAGONの「無題」が1位候補となった。1位に輝いたのはG-DRAGONだった。CDではなくUSBで発売した初のアルバムとして熱かった関心は、「人気歌謡」の1位で証明された。

同日の「人気歌謡」ではカムバックステージを準備したNCT 127のマークがスペシャルMCとして合流し、メンバーのドヨン、BLACKPINKのジスと共に番組を率いた。NCT 127は「0 Mile」「Cherry Bomb」でカムバックを知らせた。

多彩な魅力のT-ARAは「Reload」「私の名前は」、PENTAGONは「Beautiful」、B.A.Pのジョンアプは「Try My Luck」、2AM ジヌン(With ジヌンバンド) は「Love Is True」、INAは「Love Doll」でカムバックステージを披露した。

「K-POPスター」シーズン6出身の感性溢れるボーカルマ・ウンジンのデビューステージも公開された。マ・ウンジンは「I Understand」で自身の音楽の感性を視聴者にアピールした。

他にも同日の「人気歌謡」にはFTISLAND、SEVENTEEN、iKON、ASTRO、DAY6、宇宙少女、I.O.I出身のキム・チョンハ、Kriesha Chu、シン・ヒョヌらが出演した。