FNCの新人バンドHONEYST、デビュー後初のファンサイン会を開催…1人1人に感謝を伝える

写真拡大 (全2枚)

FNCの新人バンドHONEYSTがデビュー後初のファンサイン会を成功裏に終えた。

HONEYSTは17日、三星(サムスン) 洞COEX LIVE PLAZAで1stシングル「惚れそう」の発売記念ファンサイン会を開催した。会場には当選した100人余りのファンの他にも多くのファンが集まった。

サイン会に先立って行われたライブでHONEYSTは、1stシングルのタイトル曲「惚れそう」と収録曲「感情」「My Girl」のステージはもちろん、5曲のカバー曲を披露し、ミニコンサートを彷彿させる熱い熱気を呼び起こした。デビュー以来、初のファンサイン会を行ったHONEYSTは、出席したファンと1人ずつ目を合わせながら挨拶と握手を交わすなど、感謝の気持ちを伝えた。

HONEYSTはソ・ドンソン(ベース、ボーカル)、キム・チョルミン(ボーカル、ギター、キーボード)、キム・ファン(ギター、ボーカル)、オ・スンソク(ドラム) で構成された4人組バンドだ。HONEYSTのデビュー曲「惚れそう」は軽快なリズムのフォークポップジャンルで、ボーカルのキム・チョルミンが作詞、作曲に参加しており、相手に近づく心を可愛く表現した初々しい歌詞が特徴だ。

5月17日にデビューシングル「惚れそう」を発売したHONEYSTは、クラブ公演はもちろん「キャンパス・バスキング・ツアー」「漢江(ハンガン) ライディング・バスキング」など、会場と野外ステージを行き来しながら活発な活動を続けている。