Image: PR TIMES


ベルトドライブだからスクラッチしちゃダメなんですけどね。

オーディオメーカーのTEAC(ティアック)からお手軽感のあるターンテーブル「TN-100」がリリースされます。海外では「TN-100CH」として発売されていたモデルで、限定販売されたももいろクローバーZコラボのモノノフ専用モデル「TN-100NOFU」のベースモデルでもあります。

価格はオープンプライス。「TN-100NOFU」が2万1384円だったので、それよりは安くなるのでしょうか?

安価なターンテーブルとして見ると、かなりの本格派です。綺麗な突き板を貼ったMDF材キャビネットにベルトドライブのプラッターをセット。33、45、78回転でドライブできます。針はダイヤモンド針先を使用した専用のMM(ムービングマグネット)針。同価格帯のモデルのなかではダイナミックレンジが広い設計となっていそう。フォノイコライザーを内蔵しているので、各種オーディオ機器とダイレクトに接続できます。アクティブスピーカーとつないで、ミニマムなレコード再生システムにするのもいいでしょう。

48kHz/16bitのデジタル出力が可能なUSB端子も備えており、アナログレコードのデジタル化もカンタン。トーンアームのオートリターン機能を搭載しているところも、実用性を重視した作りですね。

・Bluetoothスピーカー内蔵でいろいろ使える、SANSUIブランドの新型レコードプレーヤー「SLP-5000BT」

Image: PR TIMES
Source: TEAC

(武者良太)