“次世代ラブコメクイーン”ナム・ジヒョン「歳を取る自分を信じて、自然な変化待っている」

写真拡大

俳優ナム・ジヒョンの清純な魅力が際立つグラビアが公開された。

最近、ファッションマガジン「Singles」は、SBS水木ドラマ「怪しいパートナー」であらゆる逆境を乗り越える“人間ビタミン”ウン・ボンヒ役を演じている、ナム・ジヒョンと撮影したグラビアを公開した。

今回のグラビア撮影現場でナム・ジヒョンは、クールで大雑把な魅力で、現場の雰囲気を愉快に作った。公開した写真でナム・ジヒョンは、衣装と背景まで真っ白に落ちたように清純な魅力をアピールし、視線を引き付ける。

子役から成人俳優へ成長したように、カメラを見つめる彼女の眼差しはさらに深さを増している。いつの間にか少女から成熟した女性に成長した彼女の、無限な変身が際立つ。

昨年ドラマ「ショッピング王ルイ」を通じて、初めてミニシリーズの主演を務め、視聴率逆走行の神話を記録し、次世代ラブコメクイーンとして浮上したナム・ジヒョンは「今も昔も演技は同じです。10年前は子役を演じただけです。たまには悔しいと思うこともあるが、今は歳を取っていく自分を信じて、自然な変化を待っています」と演技に対する考えを伝えた。

またテコンドー少女から司法研修院生へ、殺人事件の容疑者から弁護士になるまで、数多くの紆余曲折を経ている「怪しいパートナー」のウン・ボンヒ役に対する質問に「忍耐強く、危機を上手く乗り越えていく前向きな性格のボンヒは、私に似ています。誰が何と言っても、やるべきことをやりながら堂々と行動します。私も正しいと思うことには、私の意見を率直に話す方です」とキャラクターに対する愛情を示した。

特にナム・ジヒョンは弁護士役を演じるため、撮影前に自ら裁判所を訪れ、公開裁判に参加するなど情熱を示した。そのような彼女の努力は、キャラクターとのシンクロ率200%の目を離せない熱演に表れていて、今後のストーリーに対する期待を高める。

ナム・ジヒョンのグラビアとインタビューは「Singles」6月号と「Singles」モバイルを通じて確認することができる。「怪しいパートナー」は韓国で毎週水曜日と木曜日の午後10時に放送されている。