北朝鮮の朝鮮中央通信は17日、米国がシリアのアサド政権に対して軍事的圧力を加えたことを非難しながら、自国の核開発を正当性する論評を配信した。

論評は、4月に米国がシリア政府軍の空軍基地にミサイル攻撃を加えたことや、今月6日にシリア政府軍陣地を攻撃したことに対して「反米的なシリア政府の転覆を狙った暴悪非道な国家テロ行為である」と非難した。

また、「米国の国家テロ行為によって国の領土保全のためのシリア政府の活動に重大な障害が生じ、イラクをはじめとする世界の至る所でも無この人民がヤンキーの連続投下爆弾とミサイルによって無残に倒れている」と指摘した。

さらに、「米帝こそ、世界の平和と安全の撹乱(かくらん)者、国際テロの元凶である。米帝国主義が地球上に残っている限り、他の国と民族を抹殺するための悪の帝国の国家テロ犯罪は今後も引き続き強行されるであろう」と主張した。

そのうえで、「力に頼ってのさばる米帝にはもっぱら、強力な力で立ち向かわなければならず、核戦力を非常に強化してきたわれわれの選択が至極正しかったということを再び実証している」としながら、「日々無謀になる米国の戦争策動に対処して自衛的核抑止力を質量共にいっそう強化していくであろう」と強調した。