神奈川県横須賀市の南西沖でフィリピン船籍のコンテナ船と衝突した米海軍イージス駆逐艦「フィッツジェラルド」を撮影するテレビカメラマン。横須賀港で(2017年6月18日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】(写真追加)米駆逐艦「フィッツジェラルド(USS Fitzgerald)」とフィリピン船籍のコンテナ船「ACXクリスタル(ACX Crystal)」が17日未明に神奈川県横須賀市の南西沖で衝突した事故で、米海軍は18日、行方不明になっていたフィッツジェラルドの乗組員7人のうち複数の遺体が見つかったと発表した。

 米海軍第7艦隊(7th Fleet)の声明によると、捜索救助隊員らが衝突で損傷した場所に入り、浸水した寝台区画で行方不明者の遺体を発見した。遺体は身元確認のため米海軍横須賀病院(US Naval Hospital Yokosuka)へ搬送しているところだという。

 行方不明になっていた乗組員の氏名は現時点で明らかにされていない。
【翻訳編集】AFPBB News