Apple Payが個人間での送金の対応を発表したことで、決済サービス業界は戦々恐々としています。ただし、同サービスで先行するPayPalは、Apple Payは脅威にならないと考えているようです。

WWDCでApple Payの個人間送金対応を発表

先日開催されたWWDC 17で、Appleは9月に正式配信されるiOS11より、Apple Payで個人間での送金を世界各国で順次できるようにする、と発表しました。
 
iPhoneという巨大なプラットフォームを有するAppleであるだけに、一気にユーザーを囲ってしまう可能性もあり、既存の決済サービス会社は固唾を呑んで見守るほかなさそうです。

Apple Payには「アドバンテージがない」とPayPal幹部

ただし、PayPalのチーフエクゼクティブであるダン・シュルマン氏は「Apple PayのキャッシュサービスはPay Palのピアトゥピアの支払いサービスに対してアドバンテージを有しておらず、PayPalの売り上げを大きく脅かす存在にはならない」と考えています。事実、PayPalのアプリVenmoは、すでにアメリカでトップシェアを有しています。
 
さらに「トランザクションを得るには困難が伴う。それは(サードパーティーであるPayPalと異なり)Apple以外のデバイスで使えないからだ」と、シュルマン氏は指摘します。「PayPalはテクノロジー非依存型なんだ」
 
Apple Musicでストリーミング業界に、Apple Watchではスマートウォッチ業界に風穴を開けてきたAppleですが、はたして、OSやデバイスの違いによる障壁を超えて、Apple Payを更に普及させることはできるのでしょうか。
 
 
Source:The Telegraph
(kihachi)