熊野ボクシングジムのみなさん。中央が永井氏(撮影=山田清機)

写真拡大

おやじ同士が本気で殴り合う、だけど安全第一。そんなボクシングの大会が静かな人気を集めている。30歳以上が対象の大会「ザ・おやじファイト」では、アマ同士が本気で殴り合う。地味なスパーリングとは違い、入場曲があり、勝てばマイクアピール、チャンピオンベルトもある。大会のため30キロ減量した43歳のカメラマン、試合の結果は――。

※前編( http://president.jp/articles/-/22312 )からの続きです。

■人間性が丸見えになる

岩瀬VS永井の試合は、残念ながら永井の敗北に終わった。1ラウンドこそ手数では勝っていたものの、2ラウンドにスタンディング・ダウンを1回奪われ、3ラウンドに2回のスタンディング・ダウンを奪われて、テクニカル・ノックアウトとなった。2ラウンドと1分29秒の戦いだった。

永井はアウトボクサーで、間合いを取りながら機を見て集中的に攻撃をするタイプ。対する岩瀬はインファイターで、常に前に出ながら絶え間なくパンチを繰り出してくる。そういう相手を、ハエたたきのように無慈悲にピシャリとたたけないところが永井の弱さだが、それはよく言えば包容力であり、優しさでもある。ボクシングは人間性が丸見えになるスポーツであることを実感した一日だった。

■東京下町の「熊野ジム」

横浜大会の数日後、永井が所属する熊野ボクシングジムを訪ねた。

創設4年目の熊野ジムは、JR常磐線の金町駅に近い。ひとつ東京寄りの駅が亀有、京成線に乗り換えてひとつ先に行けば柴又である。改札を出ると、東京の西側とはどこか違う雰囲気の町が広がる。人々の顔立ちも、どことなく違う。

ジムに着いたのは夕方の6時。熊野ジムの会員は総勢60名ほどで、内訳は小学生・中学生が15名、女性が8名、残りは30代から40代の男性である。アマチュアを対象としたいわゆるフィットネス・ジムだが、すでにOFBチャンピオンを2人輩出している。そのうちのひとり、宮田伸広(ライト級関東チャンピオン)に会うことができた。

宮田は昭和52年生まれの39歳。某メーカーで係長を務めている。熊野ジムに入ったのは3年前。会社の健康診断でメタボを指摘されたのがきっかけだった。

「なんと、ウエストが89センチもあったんです。20代の頃に少しボクシングをやったことがあったので、近所に熊野ジムができたのを機会に、ダイエット目的で15年ぶりに復帰しました」

宮田は過去を、少し謙遜して語っているのかもしれない。15年前に宮田が入門していたのは、世界チャンピオン内藤大助(元WBC世界フライ級チャンピオン)を生んだ宮田ジムである。宮田は宮田ジムで、プロを目指していたのだ。

「当時、まだ4回戦ボーイだった内藤さんにスパーリングをやってもらったりしたんですが、手も足も出ませんでした。しかも、なにクソという気持ちにさえならなかった。プロの練習はあまりにも厳しくて、挫折してしまったんです」

だが、同じ宮田ジム出身の熊野和義(元日本ライト級第4位)がジムを開いたと聞いて、宮田のボクシング熱に再び火がついた。そして、友人が出場するOFBを見て、衝撃を受けた。

「派手な入場、客席からは大声援、勝者はリングの上でマイクアピールでしょう。もう、あのリングの上に立ちたくて立ちたくて、熊野ジムに入って半年後にはおやじファイターになっていました」

■青春は若者だけの特権じゃない

宮田の初陣は、熊野ジムにとってもOFBへの初挑戦だった。宮田は減量せずにウェルター級(64〜67圈砲能仂譴掘1ラウンドKO勝ち。2カ月後に第2戦を戦い、今度はスーパーライト級(62〜64圈砲能仂譴靴討泙燭靴討1ラウンドKO。夏の後楽園大会で判定勝ちすると、それに次ぐ4戦目で初のタイトルマッチを組むことになった。宮田は階級をひとつ下げて、空位だったライト級(60〜62級)王座決定戦に挑んだ。結果は3ラウンドKO勝ち。この時の体脂肪率はわずか7%だったというから、いかに厳しいトレーニングを積んだかがわかる。

その後宮田は、スパーリング大会(OFBとは無関係)で眼窩底骨折という大けがを負って入院し、会社からボクシングをやめるよう勧告されたが、「最後の試合にする」という約束で初の防衛戦を戦い、見事1ラウンドKOを勝ち取っている。

「本音を言えば、私、別の階級でもうひとつベルトが欲しいんです。血が騒いでいるんです。プロにはなれませんでしたが、OFBのおかげで青春してるんだなって思います。青春は若者だけの特権じゃありませんよ」

■「顔がパンパンでは出勤できない」

OFBは宮田のようなアマチュア・ボクサーの目標になると同時に、熊野ジムのようなフィットネス・ジムにとっても重要な意味を持っている。

ボクシングジムが日本プロボクシング協会(JPDA)に加盟するためには、ジムの会長の過去の戦績に応じて加盟金を支払う必要がある。加盟金は過去に大きなタイトルを取った選手ほど安く、タイトルが小さいほど高く設定されている。そしてJPDAに加盟しないと、プロボクサーを養成することはできないのだ。

プロ加盟しているジムの場合、プロ選手の育成がジム全体の大きな目標になるが、フィットネス・ジムの場合、個々の会員の健康増進が目標になり、それ以外に目標を設定するのは難しい。熊野会長が言う。

「もちろん、ボクシングにはいろいろな楽しさがあるのですが、苦しい練習と減量に耐えて試合に出場して勝った瞬間の達成感、開放感は格別です。一度味わうとやめられなくなります。そういう意味で、会社勤めの人でも安全に試合ができるOFBは、会員のモチベーション維持に最適なのです。顔をパンパンに腫らして出勤はできませんからね(笑)。熊野ジムは、今後もOFBの世界で存在感を増していきたいと思っています」

熊野会長は、いずれプロ加盟を果たしてプロボクサーの養成もしたいと言うが、厳しさと楽しさは両立できることを宮田ジム時代に学んだという。その言葉通り、熊野ジムにはアットホームで濃密な人間関係の中で、一人ひとりが自分の限界に挑戦している印象がある。私の知る「フィットネス・クラブ」とは大きく違う。

■「地に足がついた」

練習を終えた永井と、金町で一杯飲んだ。さすが下町、安くてうまい焼き鳥屋がある。永井は、ボクシングを始めてから「地に足がついた」という。家族を失った永井の心の中で、ジムの仲間が占める比重は大きいようだ。

「ボクシングを介して人と向き合うと、相手のことも自分のことも、深く知ることができる。個人スポーツなのに、地域の人たちと深く触れ合えるんです。40代でボクシングに夢中になれるのは幸せなことですよ」

私の世代にとってのボクシングは、人生一発逆転を狙うハングリーなスポーツの代名詞だったが、OFBはボクシングを「生涯スポーツ」に変えていくのかもしれない。永井の幟旗に「健康さえあれば命はいらない」とあったのを思い出した。

(ノンフィクションライター 山田 清機)