フレッシャーズ編集部

写真拡大



遅刻や欠席をする場合は、事前に会社や上司に連絡を入れておくのが常識。しかし、今どきは連絡の入れ方も多様化しているようです。通勤中の電車内だと欠席の電話をかけられないことなども考慮して、LINEを使っての遅刻や欠席連絡をOKにしている企業も。それでは実際に、遅刻や欠席の連絡手段として、電話とLINEはそれぞれどの程度の割合で活用されているのでしょうか? 社会人を対象に調査を行いました。

■遅刻するときの会社への連絡は電話でしますか?それともLINEでしますか?

電話 259人(91.5%)
LINE 24人(8.5%)

【さとり世代度診断】あなたのさとり度はどれくらい?

■欠席するときの会社への連絡は電話でしますか?それともLINEでしますか?

電話 264人(93.3%)
LINE 19人(6.7%)

遅刻・欠席どちらも、約9割の人は電話連絡を行っているようです。続いて、電話派とLINE派それぞれの意見を詳しく聞いてみました。

<電話派>

●電話をするのが当たり前だから

・LINEだと失礼だと思うから(女性/46歳/その他)
・もし遅れる事情があったら電話でする。LINEは失礼な感じがするので(女性/36歳/その他)
・最低限の礼儀だと考えているから(男性/24歳/団体・公益法人・官公庁)
・電話連絡の方が、正式な方法だと思うから(女性/34歳/食品・飲料)

●確実に伝えるため

・どのような理由であれ、確実に伝達しなければならない。LINEでは不確実だし、そもそも社会人として失格ではないかと思う(男性/50歳以上/医療・福祉)
・電話できちんと説明する必要があるから(男性/38歳/その他)
・確実だし誠意が伝わる(男性/34歳/団体・公益法人・官公庁)
・電話で直接話した方が微妙なニュアンスが伝わるしやり取りも早い(女性/33歳/その他)

●LINE自体していない

・LINEをやっていない人もいる(男性/45歳/医療・福祉)
・LINE自体を職場ではやっていないし、電話が常識だと思うから(男性/35歳/食品・飲料)
・LINEは会社では使わない(女性/27歳/学校・教育関連)
・社内連絡用のLINEがないから(女性/28歳/その他)

<LINE派>
●便利だから

・何人にも連絡できるから(男性/34歳/商社・卸)
・早くできるから(女性/28歳/情報・IT)
・使い勝手がいい(女性/30歳/運輸・倉庫)
・電車の遅延など、証拠の画像やデータと一緒に送れる(女性/26歳/情報・IT)

遅刻の場合も、欠席の場合も、電話で連絡するという人が圧倒的多数でした。欠席の方が電話でする人が若干多いという結果ではありますが、電話での連絡が全体として好まれるようです。

いかがでしたか? 電話で遅刻や欠席の連絡をするという人の多くが、電話連絡が常識と考えているようです。社会人になったらさまざまな年代の人と一緒に仕事をすることになります。学生時代はLINE連絡が大丈夫でも、仕事場では「どうなの?」と思われるケースも少なくありません。職場の雰囲気に合わせて使い分ける、または無難に電話連絡の方がいいのかもしれません。

文・学生の窓口編集部

マイナビ学生の窓口調べ
調査日時:2017年6月
調査人数:社会人男性283人