現代女性に上質な服を 日本発「シクラス」が海外展開に意欲

写真拡大

ミニマルでモダンなスタイルを追求するラグジュアリーなコレクション、「シクラス(Cyclas)」を立ち上げた小野瀬慶子は、そのクリエイティブディレクターだ。シクラスの前身となるブランド「ザ シークレットクロゼット(The SecretCloset)」と同名のセレクトショップを運営する「ユアサンクチュアリ(Your Sanctuary)」の創業者でもある。

起業する以前は、セレクトショップ大手のユナイテッドアローズに13年間勤め、ファッションディレクターとして活躍した。

現代女性のためのブランド

シクラスを立ち上げたのは、仕事と生活のバランスを取り、ファッションも自分自身で選択する、さまざまな面で独自の目を持った女性たちのために服をデザインしたいと考えたからだ。

小野瀬によると、東京で起業する女性は増加している。そして、美容、エンターテインメント、ホテル、教育、出版、ビジネスコンサルティング、ファッションなど多岐にわたる業界で成功を収めている。

こうした女性たちは、「知的で洗練されており、投資に値するものを購入する。真にモダンで機能的、快適なものを求めている──昼夜を問わず活用でき、時と場合に合わせてドレスアップもドレスダウンもできる服だ」という。そして、「彼女たちにとって、ミニマルにまで高められたデザインと同様に、非常に重要なのは品質だ」。

理想の「場所」を追求

ザ シークレットクロゼットのオープンと同時に小野瀬が立ち上げたオリジナルブランドは、洗練されたコートをはじめ着心地の良さを考えた服を提供してきた。このブランドが人気を得て、そして成長を続けてきたことが、シクラスの誕生につながった。シクラスの服は現在、都内に5店舗あるザ シークレットクロゼットのほか、一部の百貨店でも販売されている。

小野瀬にとっては、ファッション業界で積み上げてきた過去の経験が、起業やその後の事業拡大にもつながってきた。以前の仕事では、新規ブランドの立ち上げや新店舗の開設などに携わった。さらに、「企業の幹部だった父親から、意欲や決意、責任ある人であることについて、多くを学んだ」という。

ユアサンクチュアリは、貯金と2人の出資者からの支援を得てスタートした。小野瀬によれば、「本当に小さな規模から始めた。事業が軌道に乗ったおかげで、ザ シークレットクロゼットとシクラスも始めることができた」。

そう語る小野瀬によれば、ザ シークレットクロゼットを開店した当時の日本には、「本当に好きだと思える店がなかった」という。

「小売店は商品を売るだけの場所ではなく、コミュニティーであるべきだと思う。共通の価値観やライフスタイルを共有しながら、顧客との関係を築いていく場所だ」

「私にとっての理想的な店は、お客様が個人的につながりを感じられる店、店員たちが季節やお客様が服を必要とする機会に合わせ、最適の服を提案することができる店だ。日本には本当にそうした買い物体験をできる場所がないと思った。それが、ザ シークレットクロゼットをオープンした理由だ」

海外でも市場拡大へ

シクラスの服は現在、米国の高級百貨店バーグドルフ・グッドマン、シカゴのセレクトショップ「ブレーク」などでも販売されている。小野瀬によれば、シクラスの海外展開のきっかけとなったのは、2016年にパリのショールームでコレクションを紹介したことだ。

今後は米国をはじめ、その他各国でも市場を拡大していきたい考えだ。「外国での成長を実現するのが、次のステップだ。その後は提供する商品をさらに充実させ、女性のライフスタイルにおけるニーズに応えていきたい」という。