スーパーGT参戦全チーム紹介・GT300前編

 年間8ラウンドで頂点を競う国内最高峰のレース「スーパーGT」は、レクサス(トヨタ)・ニッサン・ホンダの3社が巨額の資金を投入して戦う「GT500クラス」と、プライベーターがさまざまなマシンで参戦する「GT300クラス」が混在して同一レースを走る。なかでも各チームが独自にチューンしたマシンが競い合うGT300の存在は、さらにスーパーGTが盛り上がる魅力のひとつだ。そんな彩り豊かなGT300全30チームを前編・後編に分けて紹介する。

※紹介はカーナンバー順
「GT500編」はこちら>>>
「レースクイーン・フォトギャラリー」はこちら>>>


シンティアム・アップル・ロータス【No.2】 Cars Tokai Dream28
[ドライバー] 高橋一穂/加藤寛規
[マシン] ロータス・エヴォーラMC

 ホンダカーズ東海が母体となっているプライベートチーム。ドライバーは今年64歳となる高橋一穂と、ル・マン24時間参戦など国内外のさまざまなカテゴリーで経験を持つ加藤寛規。2015年からロータス・エヴォーラMCを使用し、そのコーナリング性能のよさを生かして、鈴鹿やオートポリスなどテクニカルなコースでポールポジションを獲得するなど、一発の速さでは定評があるチームだ。


左から、蒼井彩加(SYNTIUM CoolTech Monsters)、愛川アヤノ(SYNTIUM CoolTech Monsters)、山本愛美(2017 ADVAN GAL)、愛聖りさ(2017 ADVAN GAL)


B-MAX NDDP GT-R【No.3】 NDDP RACING
[ドライバー] 星野一樹/高星明誠
[マシン] ニッサンGT-R NISMO GT3

 GT300クラスに参戦する日産/ニスモ系チーム。主に若手ドライバーの育成を主眼に置いて参戦している。監督はル・マン24時間やデイトナ24時間をはじめ主要なレースで活躍した往年の名ドライバー長谷見昌弘が務め、今年は成長著しい高星明誠が参戦。ベテランの星野一樹がそのサポート役としてコンビを組んでいる。昨年も第2戦・富士で優勝を挙げる活躍を見せたNDDP RACING。今年もチャンピオン候補の一角として上位に食い込んでくることは間違いなさそうだ。


辻井美香(B-MAX NDDP Racing girl)


グッドスマイル初音ミクAMG【No.4】 GOODSMILE RACING & TeamUKYO
[ドライバー] 谷口信輝/片岡龍也
[マシン] メルセデスAMG GT3

 フィギュアメーカーとして有名なグッドスマイルカンパニーが中心となって構成されているレーシングチーム。「初音ミク」のマシンカラーでお馴染みだが、今年で参戦10シーズン目と節目の年を迎えている。ドライバーはGT300でチャンピオンになったこともある経験豊富な谷口信輝と片岡龍也のコンビ。さらに監督は元F1ドライバーの片山右京が務め、5年以上変わらない最強の布陣を整えている。開幕戦・岡山で優勝を飾り、2014年以来となる王座獲得に向けて幸先のいいスタートを切っている。


左から、荒井つかさ(レーシングミクサポーターズ2017)、山村ケレール(レーシングミクサポーターズ2017)、鈴菜(レーシングミクサポーターズ2017)、宮越愛恵(レーシングミクサポーターズ2017)


マッハ車検MC86 GTNET【No.5】 TEAM MACH
[ドライバー] 坂口夏月/藤波清斗
[マシン] トヨタ86 MC

「マッハ車検」などトータルカーサポートサービスを展開し、自らもレーシングドライバーとしてフォーミュラ・ニッポンなどで活躍した玉中哲二が率いるチーム。今シーズンは玉中がチーム監督に専念し、ドライバーには坂口夏月と藤波清斗の若手ドライバーを起用。今年は同じトヨタ86 MCを扱う昨年の王者、つちやエンジニアリングの技術協力も得られるなど、メカニック面で大幅に体制を強化。さらなる戦闘力アップが期待されている。


左から、新藤みなみ(TEAM MACH 2017 GTNETGIRLS)、河瀬杏美(TEAM MACH 2017 GTNETGIRLS)、北内みさと(マッハ車検GAL)、福永純(マッハ車検GAL)


Studie BMW M6【No.7】 BMW Team Studie
[ドライバー] ヨルグ・ミューラー/荒聖治
[マシン] BMW M6 GT3

 日本で唯一のBMW直系チームとして参戦するチーム・スタディ。昨年からM6 GT3を導入し、BMW の3本ストライプのカラーリングを採用している。また、世界的に有名なボディケアブランド「サボン」や、テディベアメーカー「シュタイフ」などがスポンサーについていることも話題となった。ドライバーは今年もBMWワークスドライバーを務めるヨルグ・ミューラー(ドイツ)と、ル・マン24時間の総合優勝経験を持つ荒聖治のコンビ。今季はチーム待望の初優勝を狙う。


GULF NAC PORSCHE 911【No.9】 PACIFIC with GULF RACING
[ドライバー] ジョノ・レスター/峰尾恭輔
[マシン] ポルシェ911 GT3

 長年スーパーGTに参戦してきたパシフィック・レーシングチームと、ガルフ・レーシングジャパンがタッグを組み、昨年から参戦を開始している。ドライバーには2012年GT300チャンピオンの峰尾恭輔と、ポルシェでのレース経験豊富なジョノ・レスター(ニュージーランド)を起用。開幕戦では3位表彰台を獲得し、好調な滑り出しを見せた。今年はポルシェ911 GT3のパフォーマンスも上々で、チャンピオン争いに名乗りを上げる可能性もありそうだ。


左から、嶋田美彩(PACIFIC FAIRIES)、杉原あやの(PACIFIC FAIRIES)、阿久津真央(PACIFIC FAIRIES)、Haruka(PACIFIC FAIRIES)、川崎あや(PACIFIC FAIRIES)、大島理沙(PACIFIC FAIRIES)


GAINER TANAX triple a GT-R【No.10】 GAINER
[ドライバー] 富田竜一郎/吉田広樹
[マシン] ニッサンGT-R NISMO GT3

 2015年に圧倒的な強さでシリーズチャンピオンを獲得したゲイナーの10号車。今年もスペック・実力ともに申し分ないGT-R GT3を使用する。ドライバーは昨年に引き続き、初の自動車競技ライセンス取得から史上最短記録でのスーパーGT出場という経歴を持つ注目の若手・富田竜一郎と、ニュルブルクリンク24時間レース参戦などのキャリアを持つ吉田広樹を起用。新たにトリプルエー出版とタッグを組み王座奪還を目指す。


左から、白石愛美(a-Girls)、柴咲マナ(a-Girls)、水嶋なな(GAINER sucre)、桜井綾香(GAINER sucre)


GAINER TANAX AMG GT3【No.11】 GAINER
[ドライバー] 平中克幸/ビヨン・ビルドハイム
[マシン] GAINER TANAX AMG GT3

 毎年GT300でチャンピオン争いに加わる強豪プライベーターとして知られるゲイナー。これまでフェラーリやアウディなどさまざまなマシンを使用してきたが、エース格の11号車は2013年からメルセデスのGT3マシンに変更。現在はメルセデスAMG GT3を使用している。ドライバーは同チームで長年活躍している平中克幸と、メルセデスマシン導入と同時にチームに加入したビヨン・ビルドハイム(スウェーデン)。今年は第2戦の富士で2位に入るなど、ダンロップタイヤとの組み合わせでチャンピオン獲得を目指す。


左から、宮木梨衣(a-Girls)、葵井えりか(a-Girls)、神崎美羽(GAINER sucre)、今村知可(Toners)


UPGARAGE BANDOH 86【No.18】 TEAM UPGARAGE with BANDOH
[ドライバー] 中山友貴/川端伸太朗
[マシン] UPGARAGE BANDOH 86

 カー用品店として有名なアップガレージと、GT500クラスに参戦しているレーシングプロジェクト・バンドウがタッグを組んでGT300クラス参戦を開始し、今年で3年目を迎える。昨年は第6戦・鈴鹿でポールポジションを獲得する活躍を見せたが、残念ながら表彰台に立つことはできず悔しいシーズンとなった。今季はその雪辱を果たすべく、ドライバーにはチーム3年目の中山友貴と、今年FIA-F4からのステップアップとなる川端伸太朗を起用し、まずは1勝を狙う。


左から、村上麻莉菜(2017ドリフトエンジェルス)、安田七奈(2017ドリフトエンジェルス)、神尾美月(2017ドリフトエンジェルス)、横田りか(2017ドリフトエンジェルス)


Hitotsuyama Audi R8 LMS【No.21】 Audi Team Hitotsuyama
[ドライバー] リチャード・ライアン/柳田真孝
[マシン] アウディR8 LMS

 長年スーパーGTに参戦している一ツ山レーシング。2014年からアウディジャパンとのパートナーを組み、R8 LMSを使用。アウディスポーツのカスタマーチームとして強力なバックアップを受けている。今年はリチャード・ライアン(イギリス)に加え、GT500で2度チャンピオンに輝き、昨年も2勝を挙げている柳田真孝が加入。ダンロップタイヤとのコンビネーションがうまく機能していけば、シリーズチャンピオン争いに絡む強豪チームのひとつになりそうだ。


左から、キショリ(LOCMANクイーン2017)、古藤愛梨(Passion on wheels)、大谷芽衣(Passion on wheels)、沢すみれ(DIREZZA Cheers)


アールキューズSLS AMG GT3【No.22】 R’Qs MOTOR SPORTS
[ドライバー] 和田久/城内政樹
[マシン] メルセデスSLS AMG GT3

 全日本GT選手権や全日本F3000などのカテゴリーで活躍してきた和田久が代表を務めるプライベートチーム。和田はドライバーも兼任し、こちらも長年スーパーGTなどに参戦している城内政樹とペアを組む。他チームが昨年から新型マシンのメルセデスAMG GT3を導入している一方で、彼らは今年も旧型のSLS AMG GT3で参戦。今年はカラーリングをシルバーメタリックからマットグレーに変更し、イメージも一新した。


左から、葵かほ(R’Qs Racing girls)、吉成りえ(R’Qs Racing girls)、桐山梨衣菜(R’Qs Racing girls)


左から、星野奏(R’Qs triplets)、アミリン(R’Qs triplets)、三浦みなみ(R’Qs triplets)


VivaC 86 MC【No.25】 VivaC team TSUCHIYA
[ドライバー] 松井孝允/山下健太
[マシン] トヨタ86 MC

「打倒ワークス」を目標に掲げ、第一線で長年活躍する名門プライベーター「つちやエンジニアリング」が運営するレーシングチーム。「自動車メーカーのワークスチームに勝つ」を一貫したテーマとして戦い、昨年見事にGT300チャンピオンに輝いた。今年も引き続きカーナンバー25を使用し、成長著しい松井孝允に加え、前年度のF3チャンピオンである山下健太が加入。第3戦のオートポリスでは今季初勝利を挙げ、ドライバー経験豊富な土屋武士が監督兼エンジニアに専念する形で連覇を目指す。


左から、高家望愛(Vivacious Girls)、岡島彩花(Vivacious Girls)


TAISAN SARD R8 FUKUSHIMA【No.26】 Team TAISAN SARD
[ドライバー] 山田真之亮/ジェイク・パーソンズ
[マシン] アウディR8 LMS

 GT300でチャンピオンの経験があり、ル・マン24時間レースにも参戦したチーム・タイサンと、GT500参戦中のサードがタッグを組んで誕生したチーム。参戦2年目となる今季は復興支援も兼ね、チーム本拠地を福島県に移し、ドライバーも一新した。昨年スーパーGTデビューした24歳の山田真之亮と、22歳のジェイク・パーソンズ(オーストラリア)という若手コンビを起用。監督には元レーシングドライバーの野田英樹が就き、若手ドライバーやエンジニア等の育成に尽力する。


左から、REIKA(TAISAN SARD Angels)、渡辺ななえ(TAISAN SARD Angels)、星乃華(TAISAN SARD Angels)、朝比奈未來(TAISAN SARD Angels)


TOYOTA PRIUS apr GT【No.30】 apr
[ドライバー] 永井宏明/佐々木孝太
[マシン] トヨタ・プリウスGT

 市販車でも絶大な人気を誇るハイブリッドカー「プリウス」をベースにした車両で戦うapr。昨年からプリウスGTのさらなる戦闘力アップのため、2台体制に強化。その2台目となる30号車は、同じチームの31号車とは異なり、ヨコハマタイヤを使用しているのが特徴だ。ドライバーにはスーパー耐久などのカテゴリーでレース経験がある永井宏明と、GT300での通算最多ポールポジション記録を持つ佐々木孝太がステアリングを握る。


左から、杉本夏陽(apr HYBRID VICTORIA)、宮瀬七海(apr HYBRID VICTORIA)、有馬奈那(apr HYBRID VICTORIA)


TOYOTA PRIUS apr GT【No.31】 apr
[ドライバー] 嵯峨宏紀/久保凛太郎
[マシン] トヨタ・プリウスGT

 過去にもカローラ・アクシオをベースとしたマシンを開発し、GT300クラスでは常にトップ争いを繰り広げている名門チームのapr。プリウスは2012年から導入し、昨年は市販モデルのフルモデルチェンジに伴い、GTマシンも新型仕様を開発。欧州のGT3マシン勢に対抗し、最終戦までチャンピオン争いを繰り広げる活躍を見せた。今年は嵯峨宏紀のパートナーに、スーパーGTデビュー2年目となる久保凛太郎を起用。新体制で悲願のチャンピオン獲得を目指す。


左から、今村仁美(apr HYBRID VICTORIA)、桜井はるか(apr HYBRID VICTORIA)、生田ちむ(apr HYBRID VICTORIA)

【フォトギャラリー】
★レースクイーンも百花繚乱。 スーパーGT全チーム紹介★GT300前編>>
★レースクイーンも全開! スーパーGT参戦全チーム紹介★GT500編>>

■モータースポーツ 記事一覧>>