ボールがある局面でのマッチアップはなかったが、久しぶりに同じピッチで小笠原と小野。ともに「もっと長くやりたかった」と惜しんだ。写真:徳原隆元

写真拡大

[J1リーグ15節]鹿島3-0札幌/6月17日/県立カシマサッカースタジアム
 
 至福のひとときは、あっという間に過ぎた。
 
 アディショナルタイムを含めれば、10分と少し。限られたプレータイムを、常勝軍団の闘将は「もう少し、長い時間やりたかったけどね」と、柔らかい笑顔を見せて振り返った。
 
 80分、札幌はこの日、3枚目の交代カードを切る。河合竜二に代わり、背番号44がタッチラインをまたぐ。“天才”の名をほしいままにしてきたファンタジスタの登場だ。
 
 1999年のワールドユースでファイナリストとなったU-20日本代表。いわゆる「黄金世代」だ。時代の寵児となった彼らも、いまやアラフォーと呼ばれる年齢になった。
 
 すでに現役を退いている者がいる一方で、あの頃と変わらず、日本のトップディビジョンでその雄姿を見せている者もいる。
 
 鹿島の小笠原満男と、札幌の小野伸二。かつて日の丸を背負い、ともに世界の舞台で戦ったふたりが、久しぶりに同じピッチに立った。
 
 中盤でパスを受けようとポジションを取る小野に、ボランチの小笠原が反応する。距離を縮める両雄のもとにボールが転がってくれば――。だが、コトはそう上手く運ばなかった。
 
「マッチアップする場面はなかったけど、鹿島を良い形で支えている選手だなってあらためて思った。本当に良い選手だなって」
 
 そう語る小野に、“もう少しやりたかった”という小笠原の言葉を伝えると、「そうですね。本当は最初から出て戦いたかったけど、チームのやり方があるので。もっと長くやれたら良かったと思う」と同調する。
 
 小笠原にとって、小野は「昔もいまも、ずっと俺の前を走っているひと」だという。だから、「ついていけるように頑張りたい」と言葉に力を込める。
 
 もっとも、小野からすれば「いやいや、彼のほうが前を走っているでしょ。僕が追いつけるように頑張りたい」と敬服する。
 
 盟友であり、ライバル。互いにリスペクトし合い、高め合うふたりは、これからも走り続ける。
 
取材・文:広島由寛(サッカーダイジェスト編集部)

【鹿島 3-0 札幌 PHOTO】スピードサッカーで3点を奪取した鹿島がホームで完勝