北朝鮮の朝鮮労働党機関紙・労働新聞は17日、米国が制裁と軍事的圧力を強めようと核は放棄しないと主張する論説を掲載した。同日、朝鮮中央通信が報じた。

論説は、「核戦力を中枢とする共和国の自衛的抑止力は世紀を継いで続く米国の対朝鮮敵視政策と核戦争策動を永遠に終息させ、朝鮮半島と地域の恒久平和と安全を守るための強力かつ威力ある手段だ」と述べた。

さらに、「われわれを核保有へ進ませた張本人である米国が制裁と軍事的圧迫の度合いを強めるからといって核を放棄するわれわれではない」と強調した。

そのうえで、「米帝がわが共和国の軍事的威力と戦略的地位、わが軍隊と人民の鉄石のような対米決算の意志を直視できず、軽挙妄動しながらあえてわれわれに手出しするなら、無慈悲なせん滅的報復打撃を免れられないであろう」と主張した。