水着が似合うお尻ほしい。空手キックでキュッと引き締める

写真拡大

水着の季節はもう目の前。

きれいに着こなしたいけど、気になってしまうのは、太ももとおしりのライン...。

夏までに引き締めるなら、いまのうちから対策をしておきたい。そこで、楽しく続けられる、空手流の引き締め法を紹介します。

ユニクロユーの水着がかわいくて仕事中に試着したんだけど、太ももとお腹のぽってり感がすごくてダイエット決意した
ファスティングも気になるけどとにかく今は見た目やせたい
お酒の量減らすかあ

- 寂しくない (@samishikunante) 2017年5月30日

くびれ作れても
二の腕と太もも痩せないから
水着着れないよおおお

せっかく買ったのに〜

- ゆりさん (@xo_yr) 2017年6月14日

脚やせの為にキックも取り入れてみようかな。昨日旦那に教えてもらったら結構キツイ(; ・`д・´)やったことないし継続できるか分からんけど取り入れてみよう。

- ひよこまめ 2nd season (@t0sh1e) 2017年3月15日

アクションで習ったキックやパンチ毎日やってると太もも、二の腕、ウエスト痩せてきた(●′艸'●)てかダイエットしよ。

- 結椛 (@yuika_145) 2016年7月15日

全力キックで、おしりと太ももをキュッと引き締める

▼HOW TO

1. 両足をそろえて立ち、両手は腰にそえる

2. 右ひざを胸の前でたたむように持ち上げ、そのまま前へキック。地面と水平になるようにまっすぐ蹴ること

3. 蹴るときと同じように、ひざを一度胸の前でたたんでから元に戻す

4. 左足も同様に。交互に30〜50回ほど繰り返す

ポイントは、2でひざをしっかりと持ち上げること。ここでひざが持ち上がっていないと、キックの高さが低くなってしまうので、おしりの引き締め効果が弱くなります。

慣れてきたら、早く、力強く蹴るとより楽しく続けられます。

キックはカロリーの消費も大きく、バランス感覚もきたえられるので、続けるうちに全身の引き締め効果にもつながります。

私も空手をはじめてから、とくに悩みのタネだった太ももが細くなり、たるみがなくなりました。膝まわりにもついていた脂肪まで減ったのはキックのおかげです。

すっきりと引き締まった太ももとお尻を手に入れたら、もう水着姿も怖くありません。

写真/Shutterstock

こちらも読まれています

・水着、着こなしたい。あなたにぴったりなエクササイズは? #深層心理

・「ムダ毛処理は最低限に」...。背中のブツブツケア5か条 #sponsored

・ベーシックアイテムを着回し。スタイリストに学ぶオンオフコーデ術 #sponsored