[6.17 J2第19節 岡山1-1岐阜 Cスタ]

 ファジアーノ岡山対FC岐阜は1-1の引き分けに終わった。岡山の連勝は2で止まったが、5戦負けなし。一方の岐阜は8戦未勝利となった。

 岐阜は前半20分、MF小野悠斗のクロスにDF阿部正紀が飛び込んでゴールネットを揺らしたが、わずかにオフサイドで取り消し。前半はスコアレスドローで折り返すことになった。

 後半、先に試合を動かしたのは岡山だった。後半7分、ロングスローの流れからMF塚川孝輝が右サイドからクロス。これをFW豊川雄太がねじ込み、岡山が先制に成功した。

 その後も岡山が攻め込む展開が続いたが、追加点を挙げられずにいると、後半39分、細かいパスを繋いで強引な突破を図った岐阜は、最後は途中出場のFW難波宏明が左足で蹴り込み、ドローに持ち込んだ。

「もったいない部分もあるんですが、よく戦った」と話したのは岡山の長澤徹監督。岐阜の大木武監督は「岡山の力強さに手を焼いというか、なかなか上回れなかった」と厳しい表情を崩さなかった。


★日程や順位表、得点ランキングをチェック!!

●2017シーズンJリーグ特集ページ

●[J2]第19節1日目 スコア速報