「合・裙」をテーマとした、学生がデザインした作品を発表するファッションショーが15日午後、武漢紡績大学南湖キャンパスのファッションショーホールで開催された。

写真拡大

「合・裙」をテーマとした、学生がデザインした作品を発表するファッションショーが15日午後、武漢紡績大学南湖キャンパスのファッションショーホールで開催された。中国新聞網が伝えた。

【その他の写真】

このファッションショーの主役は、同大学の中日合同教育プログラムに参加する3クラスの学生96人。彼ら自身がデザインした服を身に着け、自らモデルとなり、ランウェイを歩いた。服をデザインする中で、中国と日本の文化要素の融合を重視し、2年間かけて学習した成果を観客に披露した。(提供/人民網日本語版・編集YK)