本家シリーズとのクロスオーバーにも期待 Mitch Haaseth/ABC via Getty Images

写真拡大

 米ABCの人気医療ドラマ「グレイズ・アナトミー」から、シアトルの消防署を舞台にしたスピンオフのテレビシリーズが誕生することがわかった。

 ヒットメーカーのションダ・ライムズが手がけるタイトル未定の新作は、英雄的な消防隊を中心にしたドラマ。隊長から新人まで勇敢な男女が、職務中でも職務時間外でも全身全霊を尽くす姿を描く。米Deadlineによれば、2018年初めに放送開始予定で、主要キャラクターの1人は「グレイズ・アナトミー」の来シーズンの1エピソードで紹介される見込みだという。すでにシリーズ化が決定しており、本家シリーズとのクロスオーバーの可能性もあるようだ。

 根強い人気を誇る「グレイズ・アナトミー」シリーズのスピンオフは、2007〜13年に放送された「プライベート・プラクティス」に続いて2作目。同シリーズの共同ショーランナー、ステイシー・マッキーが脚本を執筆し、ライムズ、ベッツィ・ベアーズとともに制作総指揮を務める。

 「グレイズ・アナトミー」シーズン13は、WOWOWプライムで放送中。