岡山の連勝は「2」でストップ…終盤に難波の一発被弾で岐阜とドロー《J2》

写真拡大

▽17日にシティライトスタジアムで行われた明治安田生命J2リーグ第19節のファジアーノ岡山vsFC岐阜は、1-1のドローに終わった。

▽今シーズン2度目となる連勝で4戦負けなしの13位につける岡山と、ここ7試合で白星から遠ざかっている16位の岐阜が激突した。

▽試合が動いたのはゴールレスで迎えた後半。52分、塚川がボックス右からマイナス気味のクロスを送り、これにゴール前で豊川が反応する。そのままシュートを放つとゴールネットを揺らして、岡山が先制に成功する。

▽3連勝へ気を引き締めたい岡山だったが、84分に被弾。バイタルエリア中央の庄司、福村、難波らがパス交換に絡み、最後はがゴール前に抜け出した難波がシュートを放つ。これが決まり、岐阜が終盤に追いつく。

▽その後、3連勝を目指して再び攻勢に出た岡山だったが、1-1で試合終了。岡山の連勝が「2」で止まった一方で、岐阜は前節の愛媛FC戦に続く黒星を回避した。