距離感に気を付けて!男性がドン引きする女子の”勘違いボディータッチ”5つ

写真拡大

関心を持ってもらう為に行うボディータッチも、時に嫌われるきっかけになります。
どんなボディータッチが男性に不人気でドン引きされてしまうのかをご紹介しましょう。

勘違いボディータッチで好きな人に「何この女!」と嫌われないようにしてください。

●(1)顔と頭へのボディータッチ

『まだ仲良くもないのにビビりますね……距離感間違えてる』(32歳/IT)

恋人でもない男性からいきなり目元や頬だったり、髪の毛を触られたらどう思いますか?
「何でそんな所触るの?怖い」と感じて、相手に不快感を持つ女性が殆どでしょう。

男性も同じです、彼女でもない女性から理由もなく顔や頭を触られるとドン引きします。
仲の良い男友達のような相手でも、顔や頭に不用意に触れるのは止めておきましょう。

●(2)首元へのボディータッチ

『首は元々敏感だから勘弁してほしいんですけど、仲良くない人にいきなり触られたら身の危険を感じますね』(29歳/マスコミ)

首は人間の急所なので、触られると性的な雰囲気よりも危機を感じて怯えます 。
恋人同士ならアピールになりますが、恋人同士ではないなら首を触るのはNGです。

触っても肩、背中辺りまでにして、なるべく顔から上は触らないようにしてください。
「誰にでもすぐ触る軽い女」という悪印象を避ける為にも大切な事なのです。

●(3)胸元へのボディータッチ

『乳首を触るときは一言許可を得たいものですね、いきなりだとびっくりしちゃう』(33歳/広告)

「胸筋すごいね」、「たくましいね」と無暗に胸元を触るのもドン引かれる行為です。
逆セクハラ行為になりますし、当事者以外の男性からも引かれてしまうでしょう。

どうしても触りたくなるような胸元ならば、ひと言了承を得てから にしてください。
触る際もソフトタッチ必須、男性だって胸元を鷲掴みされると痛いのです。

●(4)お尻へのボディータッチ

『男が女性に触ったらセクハラなんだから、逆パターンも立派なセクハラです』(26歳/販売)

いくら仲が良い異性の友達だからって、お尻を触られると嫌悪感しかありません。
お尻は痴漢を連想させる事からも、男性から痴女じゃないかと勘違い されてしまいます。

お尻を触られてときめく男性は滅多にいませんし、控えておく方が無難です。
触ってしまえば最後、男性から嫌われる可能性が高いと思っておいてください。

●(5)股間に近い部分へのボディータッチ

『キワドいところを触ってきたら完全に痴女認定しますね』(34歳/薬剤師)

男性をドキッとさせるテクニック紹介で多いのが太ももへのボディータッチです。
太ももといっても触っていいのは膝から少し上の辺りで、股間に近い部分はNGです。

股間に近い場所、または股間を触ってしまうと、どんなに綺麗な女性でも引かれます。
あまりにアピールが強すぎて、逆に嫌悪感しか湧かなくなってしまうのです。

何としてもゲットしたい男性がいたとしても、股間に近い部分は避けてください。
お酒が入っていても冗談では済まされず、「男に飢えすぎ」としか思われない でしょう。

----------

ボディータッチは触る場所を間違うと、男性から嫌われるきっかけになりかねません。
痴女だと男性からドン引きされないように、男性へのタッチに注意しましょう。

モラルある行動をしてこそ、男性はあなたの事を好きになってくれるのです。

(文/恋愛jp編集部)