首位をキープした柏レイソル【写真:Getty Images】

写真拡大

 17日に明治安田生命J1第15節の7試合が行われた。リーグ8連勝中の柏レイソルは、ヴァンフォーレ甲府と0-0の引き分けに終わり連勝がストップするも首位をキープ。2位のセレッソ大阪は後半アディショナルタイムのPKで同点に追いつき、ホーム無敗を継続することに。

 ガンバ大阪はアウェイでヴィッセル神戸との関西ダービーを1-0で制し、勝ち点を28に伸ばしている。また、鹿島アントラーズは北海道コンサドーレ札幌を相手に山本脩斗のゴールとペドロ・ジュニオールの2ゴールで3-0の完封勝利をおさめた。

 一方で最下位・アルビレックス新潟と17位大宮アルディージャの裏天王山は、大宮が2-1で制している。16位のサンフレッチェ広島が川崎フロンターレに0-1の敗戦を喫したため順位が入れ替わった。17日に開催されたJ1第15節の結果は以下のとおり。

鹿島 3-0 札幌
川崎F 1-0 広島
甲府 0-0 柏
新潟 1-2 大宮
C大阪 1-1 清水
神戸 0-1 G大阪
鳥栖 1-1 仙台

text by 編集部