どういうこと?ワインのような果実感を味わえるコーヒーって何?

写真拡大 (全3枚)

千葉県の飲食店が販売を開始したちょっと変わったコーヒーがある。それが、“ワインを飲んだ気分になれる珈琲”。

珈琲好きのソムリエが経営する飲食店「珈琲とワインのある暮らし25(ヴァンサンク)」のオーナーが、ワインを飲んだ時のようなリッチで豊かな気分を気軽に味わってもらいたいとの想いから、商品開発に至ったのだという。

 

ブレンド・焙煎はあえて自身で行わず、静岡に拠点を置くロースター「IFNi ROASTING&CO.」の松葉氏に依頼。赤・白2本の自然派ワインを松葉氏に試飲してもらい、3台の焙煎機を用いた同社独自の技術で、ワインの甘味や酸味を珈琲のブレンドで表現した。

発売されたのは「赤ワインブレンド」「白ワインブレンド」の2種。赤ワインブレンドは豊かな甘みとコクがあり、アイスコーヒーにするとよりワインのような果実感が味わえる。休日やドライブなど開放的な気分を味わいたいときにオススメ。白ワインブレンドの魅力は透明感のある口当たりと余韻。朝や仕事中など、すっきり爽快な気分になりたいときにぴったりだ。 

お店でドリップコーヒー(432円)を飲食メニューとして提供するほか、店頭・インターネットで豆の販売(100g・1080円)を行っている。アルコールが苦手でも運転前でも飲める、ワインのリッチ感を持つコーヒー。

仕事前に一杯いただけば、開放的な気分でいいアイデアがひらめくかも!

>> 珈琲とワインのある暮らし 25(vingt cinq)

 

(文/&GP編集部)