人と面と向かって話すときに、口の中が汚れていたり口臭があると、恥ずかしいですよね。当たり前のエチケットとして、食後の歯磨きを徹底している方も多いのではないでしょうか。お口のトラブルをなくすには、歯磨きで汚れを取ることが基本です。しかし最近注目のお口健康法とは、いかにして口内の善玉菌を増やせるか、ということなんです。

口内常在菌とは

腸と同じように、口の中にも常在菌と言われる、たくさんの細菌が住みついています。1000〜2000億個と、想像を絶するような数です。顕微鏡でこれらの細菌を見るとまるで、花々が咲いているように見えることから、「口腔内フローラ」と言われることもあります。口内常在菌は善玉菌と悪玉菌に別れ、どんなに口の状態が良い人でも悪玉菌が存在しています。口内が健康であるためには、この二つの菌のバランスが取れていることが大切です。悪玉菌である虫歯菌や歯周病菌が増えすぎてしまうと、歯のトラブルを起こすのはもちろん、悪玉菌が血管などから体内に入ってしまうと、糖尿病や心筋梗塞などの病気を引き起こすことが分かっています。

善玉菌を増やす方法3つ

口内の悪玉菌によるトラブルを防ぐためには、善玉菌を増やすのが良いとされています。でも善玉菌を増やすにはどうしたら良いのでしょうか。その秘訣は3つあります。1つ目は歯磨きをきちんとすること。食品カスなどの汚れは悪玉菌のエサとなり、これらが溜まったままでは悪玉菌が増える一方です。2つ目は唾液の分泌を良くして、口の中を乾燥させないようにすること。唾液には悪玉菌を抑える働きがあり、唾液不足は悪玉菌を増やしてしまいます。よく噛んで食べることで唾液の分泌が良くなります。また口呼吸は口内を乾燥させてしまうので、鼻呼吸をするようにしましょう。3つ目は規則正しい生活習慣を心がけることです。睡眠不足やストレス、喫煙も善玉菌を減らしてしまう原因となります。

歯磨き粉が善玉菌を殺してしまう!?

実は善玉菌を減らすもう一つの原因に、歯磨き粉があります。口内を洗浄するための歯磨き粉ですが、殺菌効果が強すぎて善玉菌まで殺してしまっていることが多いのです。歯磨き粉には、ラウリル硝酸ナトリウムなどの発泡剤が含まれています。発泡剤とは口の中で泡立ちをよくするものであり、殺菌力も強いため、善玉菌と悪玉菌の区別なく殺菌してしまうそうです。またマウスウオッシュの殺菌剤も強力であることが多く、悪玉菌だけでなく善玉菌まで殺してしまっているそうです。善玉菌を減らしすぎてしまうと、悪玉菌が増えやすくなります。

歯を綺麗にするための歯磨き粉やマウスウオッシュなのに、使うたびに悪玉菌が増えてしまっては困りますよね。本来、歯磨きとはブラッシングにより汚れを落とすもので、歯磨き粉が汚れを落とすのではありません。歯医者さんの中には、歯磨き粉を使う必要はないと言われる方が多くいらっしゃいます。歯磨き粉を使用するなら、なるべく発泡剤等の化学物資が含まれていないものを選ぶのが良いでしょう。口内環境が良くなれば、自然と口臭がなくなり虫歯などの問題もなくなっていきます。毎日のケアで善玉菌を増やし、綺麗な口元を手に入れましょう。


writer:Akina