17日(土)にZepp Diver City TOKYOにて、アイドルグループSUPER☆GiRLSが結成7周年を記念したLIVE「SUPER☆GiRLS 7th Anniversary LIVE」を開催した。結成7周年のLIVEにZepp Diver City TOKYOは超満員。SEと同時にSUPER☆GiRLSのメンバーが登場。

SUPER☆GiRLSの中では勢いと力強さのある『赤い情熱』からLIVEがスタート。今回のLIVEは7周年の”7”にかけてSUPER☆GiRLSの初期からのグループカラーでもある「虹色」をテーマに、曲によって会場のサイリウムの色がカラーチェンジしていき、ライブ終盤での「超絶☆レインボーメドレー」では会場全体が虹色に染まる演出。

さらに会場は世界で初めて空間演出に香りを使い始めたscentair社の協力の元、空間に香りを使うという三次元の演出も実施。各部とも23曲のパフォーマンスでファンを盛り上げた。2部公演終了後、アンコールの声が沸き起こる中、新SEと共にステージに登場するSUPER☆GiRLSのメンバー。

新リーダーによる「宣誓」が行われた。「宣誓、私、溝手るかはSUPER☆GiRLS の新リーダーとしてメンバーとファンの皆さんに最高の景色を見せられるよう私に出来るすべてをスパガにかけることを誓います!」と宣言後、新体制で「花道!!ア〜ンビシャス」を歌唱。3月末に前島亜美が卒業し、それ以降不在だった新リーダーに「溝手るか」が発表され、ここに新生SUPER☆GiRLSが誕生した。

「SUPER☆GiRLS 4代目リーダーを務めさせて頂くことになりました。溝手るかです。今日からはリーダーとして、自分にできる全てを精一杯スパガに注ぎたいと思います。まだまだ頼りない私ですが、メンバーとファンの皆様、スパガを愛して下さる全ての皆様を、最高の景色が見える場所へ導いていけるよう頑張ります。」と力強くコメントした。今回のリーダーは2017年の4/23〜5/17に全国6都市にて行った「SUPER☆GiRLS LIVE TOUR 2017〜スイート☆スマイル〜」ツアー期間中、ファンクラブサイト「S.P.C」にてリーダー投票を行い、そのファン投票の結果、メンバーとスタッフの意見をもとにメンバーとスタッフで話し合いによって選出。

メンバーとスタッフ期待を一身に背負った溝手るか。王道アイドルSUPER☆GiRLSが今後どういった形に進化していくのか注目していきたい。