「2PM WILD BEAT」記者会見にウヨン、ジュノ、チャンソンが登壇!“旅の中で自分が1番ワイルドだった瞬間は?”

写真拡大 (全7枚)

2PMが6人揃って初のオーストラリア旅行をしたファン必見の超貴重なリアリティ・エンターテインメント・バラエティ番組「2PM WILD BEAT」。メンバーたちが癒やしを夢見てオーストラリアへ旅立ち、メルボルンからウルルまでの旅費を自分たちで稼ぐため、アルバイトをしながら衝撃のミッションを敢行した。

韓国のみならず日本・アジア同時配信で話題を呼んだ旅「2PM WILD BEAT」の裏側を語り尽くす、ウヨン、ジュノ、チャンソンの3人による「2PM WILD BEAT」ファンミーティングが2017年6月17日(土) に開催。同日、記者会見が開催され3人が登壇した。

ウヨン、ジュノ、チャンソンは、登場すると「こんにちは、2PMです」とそれぞれ自己紹介。集まった記者の質疑応答に応えた。

――ファンミ―ティングの昼公演が終わりましたが、いかがでしたか?

ウヨン:「2PM WILD BEAT」のDVDをリリースすることができて本当に感謝しています。そして今日こうして、1日に2回もファンミーティングができて感謝しています。昼公演もとても楽しかったので、この後の夜公演もとても楽しみにしています。

――今回、抽選で当選した100名のファンの皆さんがこの記者会見を観覧していますが、ファンの皆さんがいる特別な記者会見はいかがですか?

ジュノ:いいですね。ファンの皆さんどうですか?(笑) ファンの皆さんの方が逆に緊張されてますね?(笑)

――「2PM WILD BEAT」では、旅費を稼ぐためにアルバイトをしていましたが、アルバイトを1番頑張っていたのは?

チャンソン:ジュノさんですね。僕も含めて他の5人のメンバーは特にアルバイトについて心配してなかったんですが、ジュノさんはものすごい心配していました。でも一生懸命やりました。

ジュノ:でも、みんなで頑張って忙しくしながらやったんですが、僕だけ明日のアルバイトはどうしようと心配していました(笑) ウルルまで行けなかったらどうしようって。でもメンバーは心配していなかったです。僕だけ余裕がなかったんです(笑)

ウヨン:ジュノさんのように心配してくれるメンバーがいたから、僕たちも楽しくできたんだと思います。

チャンソン:ウヨンさんはアルバイトしたんでしたっけ?(笑)

ウヨン:やったよ。韓国料理の食堂でウェイターをしました。

チャンソン:あー、やったんですね(笑)

ウヨン:DVD見てください!(笑) アルバイトの思い出しかないです。

ジュノ:最初の頃はオーストラリアの観光も全然できずに、本当にアルバイトのことしか思い出がないんです。

――広大なオーストラリアを旅行して1番感動したことはありますか?

ウヨン:オーストラリアといえば大自然だと思うんですが、僕はペンギンを見て驚いたことがあります。ペンギンは話せないけれど、その中でも彼らのルールがあるというのを感じて、そのペンギンたちの生活を見ながら大自然てこういうものだなぁと感動しました。

――「2PM WILD BEAT」の旅の中で自分がワイルドだなと思った瞬間はありますか?

ウヨン:自分が王様(その日のリーダー) になって、お金を全部持った時にワイルドだなと思いました。

ジュノ:僕はやっぱり心配する時にワイルドでした(笑) チャンソンさんに「お金、セーブして」とか、ウヨンさんに「節約して」とか、心配してみんなに明日の計画を言う時、ワイルドだったと思います。

チャンソン:今回、“WILD BEAT”でしたが一回もワイルドという気がしなかったです(笑)

――では、この旅で1番ワイルドだったメンバーは誰ですか?

ウヨン&チャンソン:テギョンさんじゃないかと思います。

チャンソン:テギョンさんが「お金使おう!」という時がワイルドでした(笑) でもそんなにお金を使う機会はなかったんです。お金を使える場所がなくて、残念でした。一度だけ、ちょっと寒くてワイルドにジャケットを6枚買いました(笑)

――オーストラリアでデートをするなら、おすすめの場所はありますか?

ジュノ:彼女がいるなら……やっぱり2人でアルバイトすることです(笑)

チャンソン:アルバイトでいいの?

ジュノ:アルバイトでお金を稼いで、一緒に使いたいです(笑)

チャンソン:それがデート?

ジュノ:じゃあ、ペンギンアイランドのペンギンパレードに行きたいです。なかなか見られないものが見れるので、時間を作ってでも一度は見たらいいんじゃないかと思います。

チャンソン:その後は?

ジュノ:うーん……深夜バイト?(笑) じゃあその後はチャンソンさんがお願いします。

チャンソン:その後は……ご飯を食べないとね。その後はウヨンさんお願いします。

ウヨン:その後はウルル! ウルルがキレイです。

チャンソン:結構遠いけど?(笑)

ウヨン:大丈夫です。

――ご飯の話が出ましたが、記憶に残っている美味しかった食べ物はありますか?

ジュノ:お弁当(笑) お弁当ばかり食べていました。

チャンソン:何を食べたのか記憶がないです(笑)……えーと、サンドウィッチとか、ステーキとか食べました。美味しかったです。

ジュノ:オーストラリアのビーフは最高ですよね。

ウヨン:僕は撮影で食べる時間がなくて、インスタントの白いご飯とシーチキンとキムチとラーメンを食べました。それしか記憶がないです(笑)

――オーストラリアまで行った意味がないですね(笑)

チャンソン:韓国から持っていきました(笑)

――旅の中で思わず韓国に連れて帰りたくなった、気に入った動物はいますか?

ウヨン:もちろんペンギンですが、ペンギン以外だとアルパカです。

チャンソン:アルパカいましたか? 僕はなんで見なかったんだろう……。

ウヨン:コアラがいたところにいましたよ。

――オーストラリアといえば、カンガルーは?

ウヨン:カンガルーは怖いです(笑)

ジュノ:僕はカンガルーがいいです。好き、好き、好き!(笑)

チャンソン:僕はコアラがいいです。かわいいですよね。

ジュノ:コアラは元々怖い動物で性格も悪いらしいですよ。

チャンソン:いや、かわいいです。ふわふわしていて。ちょっと臭ったけど(笑)

――それでは、最後にこの「2PM WILD BEAT」を楽しみにしているファンに皆さんにメッセージをお願いします。

チャンソン:このDVDが皆さんの日常の中の力と笑いになれたら嬉しいです。ありがとうございます。

ジュノ:2PMの本当に自然な姿を見ることができるDVDだと思います。ステージ以外での僕たちの友情が感じられると思います。

ウヨン:僕自身も個人的に楽しみながら見ました。皆さんも僕たちの大切な思い出が入っている「2PM WILD BEAT」を楽しんでください。ありがとうございます。

【PHOTO】2PM ウヨン、ジュノ、チャンソン「2PM WILD BEAT」記者会見に登場!“オーストラリアで1番思い出に残っているのは?”

撮影:朝岡英輔

■作品情報
「2PM WILD BEAT〜240時間完全密着!オーストラリア疾風怒濤のバイト旅行〜【完全初回限定生産】」Blu-ray&DVD
9月6日(水) リリース


Blu-ray ¥21,000+税
DVD ¥19,000+税
発売・販売元:NBCユニバーサル・エンターテイメント
公式HP:http://kandera.jp/sp/wild/
トレーラー:https://youtu.be/aHFVC8X448M

Wild Beat (C)2017 IHQ media & JYP Pictures. All Rights Reserved