「プロデュース101」シーズン2、惜しいメンバーの脱落…脱落者でのグループ結成を望む声も

写真拡大

I.O.Iの誕生とともに脱落者たちの一部が集まったI.B.Iも生まれた。彼らの後に続いて男版I.O.IであるWanna Oneが結成される。今回も脱落者が集まる道を望むファンの声も上がっている。

16日に韓国で放送されたMnet「プロデュース101」シーズン2では、デビュー11人が決定した。1位のカン・ダニエルをはじめパク・ジフン、イ・デフィ、キム・ジェファン、オン・ソンウ、パク・ウジン、ライ・グァンリン、ユン・ジソン、ファン・ミンヒョン(NU'EST ミンヒョン)、ペ・ジニョン、ハ・ソンウン(HOTSHOT ソンウン) がデビューの花道を歩くことになった。

結果は衝撃的な部分もあった。放送後半には、上位にランクインしていたキム・ジョンヒョン(NU'ESTのJR)、キム・サムエル、カン・ドンホ(NU'EST ベクホ)、アン・ヒョンソプ、チュ・ハクニョンなどが脱落したためだ。チョン・セウン、イム・ヨンミン、チェ・ミンギ(NU'EST レン)、ユ・ソンホも明らかに惜しい人材だった。

昨年シーズン1でデビューしていない練習生が集まってI.B.Iを結成している。キム・ソヒ、ユン・チェギョン、ハン・ヘリ、イ・ヘイン、イ・スヒョンが主人公。彼女たちはバラエティ番組などに出て実際にデビューもした。

今回の脱落者たちもデビュー組に劣らず実力派だ。そのため国民のプロデューサーからは、より惜しい声が聞こえる。脱落組のメンバーだけ集め、別にデビューしてほしいという声まで聞こえるほどだ。

リーダーキム・ジョンヒョン、ボーカルラインのカン・ドンホ、チョン・セウン、ユ・ソンホ、チェ・ミンギ、チュ・ハクニョン、アン・ヒョンソプ、ラッパーイム・ヨンミン、ダンサーキム・サムエルまで。新人アイドルたちを凌駕してしまうほどの「アベンジャーズ」脱落組だ。