彼氏とケンカをしてしまった後は、どうやって仲直りをしようか、色々と悩んだりもするでしょう。

面と向かって謝るのが難しいときは、まずはLINEで謝ってみるのもいいかもしれません。


出典:Nosh

そこで今回は、彼氏とケンカした後の上手な“仲直りLINE”を紹介します。

 

■「スタンプ」は使わずに謝る

LINEでケンカの謝罪をする際は、スタンプは使用せずに文字だけでちゃんと謝罪した方がいいでしょう。可愛らしいスタンプが送られてきたりしたら、反省している感じが伝わらず、彼氏もさらにイラッとしてしまうはず。

誠意が伝われば、彼氏だって「俺も悪かった」と反省してくれるでしょうから、仲直りへと一気に心も傾いていくものです。いつもはスタンプが多い彼女から文字だけで謝罪されたら、彼氏の心にもかなり響くことでしょう。

 

■「会いたくなっちゃった」と甘える

ケンカをした後にお互いに謝罪ができたのであれば、「なんか会いたくなってきちゃったな」と甘えてみると、かなり効果は大きいです。ケンカで少し心が離れてしまった分、会ったときは喜びも倍増するでしょう。

ケンカ中はちょっと厳しい言い方をしてしまったりもするので、その後で甘えられると、彼氏は確実にキュンとなります。特に、素直に「会いたい」と言われるのは、男性が最も心をつかまれるひと言であるでしょう。

 

■「仲直りの証にご飯食べに行こう」と言う

ケンカのほとぼりがさめてきても、なかなかふたりの間のギクシャク感はすぐには消えないものですよね。そんなときは、「仲直りの証にご飯でも食べに行かない?」とLINEしてあげると、彼氏も喜んでくれるはずです。

ケンカの後のギクシャク感は男性もかなり苦痛に感じるものなので、彼女からの食事のお誘いLINEには、ちょっとホッとできるでしょう。仲直りしたがってくれていることも伝わるので、「可愛いヤツだな」なんて思ってくれるかも。

 

■「私が悪かった」と素直に謝る

彼氏とケンカをしてしまった後は、素直に謝ることが一番大事なこと。自分に非があるのであれば、それはちゃんと認めるべきでしょう。また、彼女が先に折れてくれたことに、逆に大きく反省する気持ちになってくれる男性も多いですよ。

明らかに彼氏の方に非がある場合は、「好きだからこそ言うんだよ」ということを伝えるといいかも。ただ闇雲に文句を言っているのではなく、愛情があるからこそ言っているということがわかれば、彼氏も素直に謝ってくれるでしょう。

 

ケンカをした後に下手に長引かせてしまうと、どんどん仲直りがしにくくなります。少しだけ時間を置いた後にLINEを送ってあげたりすると、彼氏もうれしいでしょうし、仲直りもしやすくなるでしょう。

【関連記事】

※ 惚れちゃうぜ!モテ男の心を揺さぶる「小悪魔LINE」テクニック

※ ムラムラしちゃった…!男が思わずニヤけたLINEエピソード

※ もうメロメロ!エッチの後に男を喜ばせるLINEテクニック

※ 「心配をしてくれた…キュン♡」あざと可愛いLINEで男心をつかめ!

※ 【実話】背筋がゾッ…元カノから送られてきた恐怖LINE