Image: Alex Cranz/Gizmodo US


ハイスペックながら、PCと差別化しづらい。

このほどMicrosoft(マイクロソフト)は、米国ロサンゼルスでXbox E3 ブリーフィングを開催し、これまで「Project Scorpio」のコードネームで呼ばれていた新ゲーム機「Xbox One X」を正式に発表しました。42タイトルのゲームがアナウンスされ、そのうち独占タイトルが22も並ぶなど、なかなかの力の入れよう!

ところが、当のMicrosoftの意気込みとはうらはらに、海外のネット上の反応は、なんだかガッカリしたというつれない反応ばかりが目立ちました。11月に発売を迎える前から、すでにXbox One Xへの期待は盛り下がってしまっているだなんて、いったいどうしてしまったのでしょう?

まずは、数字ではドッと対応ゲームが並んだものの、あまり魅力的なタイトルがなかったことが大きいでしょうか。任天堂ならば、Nintendo Switch(ニンテンドースイッチ)向けにスーパーマリオの新作をそろえ、ソニーはPlayStation(プレイステーション)シリーズの成功をかけて、スパイダーマンの新作をPS4向けに投入するといった大技を見せてきました。対してXbox One Xは…?

もちろん、根強いゲームファンがいる、レーシングゲームの『Forza Motorsport 7』がアナウンスされたりはしました。とはいえ、E3で発表されたゲームタイトルは、純粋にXbox One X専用というわけではないんですよね。Xbox Oneのタイトルなら、これまでのXbox OneやXbox One Sでもプレイ可能です。あるいは、Microsoft専用のタイトルというのもあって、こちらはXboxに加えて、Windows 10のPCでもプレイできてしまうのが実情。おまけに、最初だけXboxでしかプレイできないのだけれど、そのうちPS4なんかでもプレイできるようになるゲームさえ多々あったりするようでして。


Xbox One Xは、ほかのどのコンソール機より満足感をあたえてくれるゲームプレイを可能にする、真にパワフルなコンソール機を求めるユーザーのために用意されました。


このほどXboxの開発を率いてきた、MicrosoftのPhil Spencer氏は、 Eurogamer.netとのインタビューで、こんなふうに語っています。6テラフロップスの計算処理能力で、真の4Kでゲームプレイを満喫できるXbox One X。それは、たしかにニンテンドースイッチもPS4も、まったくおよばないハードウェア性能でしょう。しかしながら、これは業界最高性能のマシンなのでしょうか?

残念ながら、Xbox One Xを手に入れれば、この世でもっとも速くてパワフルなゲームマシンを使えるようになるというわけでもないんですよね。たとえば、8テラフロップスの処理性能を有するPCパワーユーザーは、わりとゲーマーの世界では珍しくありません。Nvidiaのハイエンドなグラフィックスカードには、すでに11.3テラフロップス性能を誇るものまであり、それと比較するならば、Xbox One Xでさえ、まだこの半分ほどの処理能力でしかないんですよね…。

またMicrosoftがXbox One Xの高性能ぶりをひっさげて、VRの世界へ本腰を入れてくるという戦略でもありません。この分野では、よっぽどソニーのPS4のほうが先をいっていますし、そもそもMicrosoftはVRについて、XboxではなくWindows 10で注力していきたい方針を明かしてもいるようですよ。

なお、もしもXbox One Xが本当に大コケしてしまえば、かなりMicrosoftには痛手となりそうです。ソニーは、これまでに6,040万台ものPS4を売り上げたと発表済み。一方、ニンテンドースイッチにいたっては、3月に発売されてから、わずか数カ月で274万台もの販売台数を記録したなんて予測データがあります。しかしながら、Microsoftの「Xbox One」となると、一部には、2013年の発売から4年間で、2,600万台がやっと売れたかどうかという厳しい推計が出されていますね。

いまいち日本市場では盛り上がりに欠けるXbox Oneシリーズ。でもこのままだと、好調だった世界のほかの地域でもXbox One Xが振るわないなんて展開すらあり得るかもしれません。パソコンとモバイルの市場成長が止まっても、ゲーム分野を稼ぎ頭に伸びていく〜。そんなMicrosoftの戦略に狂いが出るようだと、今後の成長にかげりが見えてきそうで怖いですよね。

・【E3 2017】Microsoftの発表まとめ:新ハード「Xbox One X」、4Kが堪能できる新作ゲームの数々

Image: Alex Cranz/Gizmodo US
Source: Eurogamer.net, CNBC International, Kotaku, the SuperData Take

Alex Cranz - Gizmodo US[原文]
(湯木進悟)