ガンバ大阪の遠藤保仁【写真:Getty Images】

写真拡大

 17日にJ1第15節の試合が行われ、ガンバ大阪はアウェイでヴィッセル神戸と対戦。この試合でG大阪所属の37歳MF遠藤保仁が先発出場を果たし、J1通算550試合出場を達成している。

 J1通算550試合出場は、名古屋グランパスに所属する41歳のGK楢崎正剛、横浜F・マリノスに所属する39歳のDF中澤佑二に次いで史上3人目となった。J1通算の出場数で見ると、1位が楢崎で631試合、2位が中澤で551試合、3位が遠藤で550試合となっている。

text by 編集部