山田孝之「優しい気持ちになる」芦田愛菜の初MCにメロメロ

写真拡大

俳優の山田孝之を3Dで体感できる『映画 山田孝之3D』の公開記念舞台挨拶が17日、TOHOシネマズ新宿にて行われ、山田をはじめ、映画の発案者である芦田愛菜、監督の松江哲明と山下敦弘が出席した。

テレビ東京ほかで放送されたドキュメンタリードラマ『山田孝之のカンヌ映画祭』をきっかけとして、山田×ドキュメンタリー監督の松江&映画監督の山下によって生み出された本作。イリュージョンのような言葉と映像で「山田孝之」を3Dで体感でき、観客を奇妙で恍惚な“山田孝之ワールド”へと誘う。

この日の舞台挨拶は芦田が進行を担当。途中、言葉に詰まったり、噛んだりして「カミカミですみません」と謝る芦田に対して、山田は「いーえ。優しい気持ちになります」と優しく投げかけるなど、初々しい姿にメロメロな様子。そんな芦田から映画について聞かれると、山田は「(公開を)何とかして止めようとしたんですけど……止められなかった」とまさかの発言。さらに、映画のキャッチコピー“山田孝之、全告白”について、「全部告白してしまって、後悔はありませんか?」という質問にも「あります。後悔しかありません」と、胸の内を明かした。

また「今後、賞を取るために映画を撮ることはありますか?」という質問には、「賞のことしか考えてない。良い芝居、良い映画、良い俳優とかどうでもいいです。賞のことだけを考えていきます。まず日本アカデミーに呼んでもらう。18年(俳優業を)やっていて、今だに声がかからない。何をしても、どんな手を使ってでも賞を取りたいと思います!」と、鼻息を荒くした。

そんな山田に対して、芦田は「この映画に携わらせていただいて、自分のことを知ろうとしている山田さんがカッコイイと思いました」と称賛の言葉を贈った。

最後に、山田は「映画といっても、山下監督から質問されて、思った事をしゃべっているだけ。何ってこともない。最後まで見てもらえれば、(自分は)こんな人ってことです」と、見どころを語っていた。