Image: コクヨ


クレヨンに新しい素材と塗り方を。

みなさんクレヨンって、上手に描けます? 絵を趣味としている方や専門職の方ならば、クレヨンの味を使った絵を描けるのでしょうが、僕としてはベターっとしてあまり綺麗に塗れた記憶がありません。

まぁ、クレヨンを使っていたのが塗りテクの乏しい幼少時であることを考えれば、そうなってしまうことも頷けるし、蝋+染料で作られているという素材の問題である気もするんですよね。でも、そんなクレヨンの常識を変えるクレヨンがあったのです。


コクヨが販売している「透明くれよん」は、素材としてミネラルオイルを利用したオイルゲルクレヨン。なんと半透明のクレヨンなんです。


Video: コクヨ/YouTube


線画の上に塗れば、水彩絵の具のように元の線を活かしたまま塗ることができますし、塗った直後であれば、色を重ねて混ぜることもできるみたい。これはこれは、従来のクレヨンには無かった塗り方、描き方ができそうですね!


クレヨンの常識を変える、水彩絵の具のように透き通る『透明くれよん』
Image: コクヨ


「透明くれよん」は5色セット、10色セットが発売されていましたが6月下旬からは16色セットも登場します。子どもへのプレゼントとして喜ばれることは間違いありませんが、自分で新しいクレヨンの塗り方にトライするってのもアリなんじゃないかなぁ。

たまには画面へではなく、紙とクレヨンでお絵かきってのもきっと楽しいと思うんだ。

・小さな宇宙の作り方:材料は絵の具と石けんと牛乳だけ

Image: コクヨ
Source: コクヨ, YouTube

(小暮ひさのり)