記事画像

写真拡大

老化の要因はさまざまにありますが、中でも最も大きな要因といわれているのが「活性酸素」です。体を「サビ」つかせるものとして知られていますよね。活性酸素は私たちが呼吸して新陳代謝を行う際に発生するのをはじめ、添加物が多く含まれた加工食品を口にした時やタバコを口にする時、過度のストレスを感じた時、激しい運動をした時にも発生します。つまり、活性酸素は何気なく過ごしている日常生活の中で絶えず発生しているので、それをいかに抑え、除去できるかが私たちの健康と若さを左右するといえます。

そのひとつの有効な手段としてオススメなのが「酵素」を日々の生活に取り入れることです。今回は「酵素」でアンチエイジングする方法についてお話ししたいと思います。

注目は抗酸化作用の強い「SOD酵素」

酵素とは?

酵素は私たちが健やかに若々しくあるために欠かせないものです。酵素の中には食べ物の消化と吸収、代謝を助ける役割を持つものや、腸内環境を改善する効果を持つものなどがあります。そのため、酵素の種類によっては、ダイエットを促進する効果や肌の新陳代謝を高めてシミやシワなどのエイジングサインを予防・改善する効果が期待できるのです。

酵素の中でも昨今熱い注目を集めているのが、SOD酵素です。そのわけは、SOD酵素が持つ強力な抗酸化作用にあります。サビつきの原因である活性酸素を除去し、細胞を健やかに維持することで、老化防止や若々しい肌をキープすることへの効果が期待できます。また、動脈硬化を予防する効果や高血圧症を改善する効果などがあるともいわれています。

酵素が豊富に含まれる食品

酵素は生のフルーツや野菜、発酵食品などに豊富に含まれています。中でも色の濃い野菜やフルーツは強い抗酸化作用もあるので積極的に口にしたいところ。そして、それらを数種類組み合わせて毎日多く摂るように心がけましょう。

また、先にご紹介したSOD酵素は、ルイボスや明日葉、大麦若葉などに多く含まれています。お茶や青汁などで積極的に口にしましょう。

食品で取り入れるのが難しい場合には、サプリメントを利用するのもひとつの手段です。ただし、サプリや酵素飲料の中には酵素よりも甘味料が多く含まれているものや製造工程で酵素の働きが損なわれているようなものもあるようです。そのため製造方法や配合成分を確認の上、信頼できるメーカーの商品を選ぶことが大切です。

タイミング、順番が大切

酵素を効果的に取り入れる方法

いつまでも若々しく健康でありたいと願う人にとって非常に魅力的な効能を持つ酵素ですが、効果的に取り入れるにはどうすればいいのでしょうか。

まず、酵素が吸収されやすいように空腹時に摂取するのがおすすめです。と、同時に消化のいいものを食べることが大切です。なぜなら、肉や魚など消化にエネルギーを必要とするものを食べると、酵素をその分消費することになります。筆者自身、朝食にはフルーツをまず1種類食べ、30分ほど経ってから食事することを心がけています。また、その際は生野菜から食べたり、肉や魚を食べないことを習慣にしています。このような酵素を体内に届けることを意識した食べ方をすると排泄もスムーズになり、ダイエットにも効果的です。ぜひ食事の中身だけでなく、食べる順序も工夫してください。

このほか、せっかく取り入れた酵素を無駄遣いしないように、添加物の多く含まれた食品やタバコはできるだけ口にしない、過度の飲酒や激しい運動は控える、ストレスは溜め込まないといったことを心がけることが大切です。