米サンディエゴで開催された「スター・ウォーズ」のコンサートにサプライズで登場した、(左から)俳優のハリソン・フォードさん、マーク・ハミルさん、キャリー・フィッシャーさん(2015年7月10日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】人気SF映画シリーズ「スター・ウォーズ(Star Wars)」のレイア姫(Princess Leia)役で知られ、昨年12月に60歳で亡くなった米女優キャリー・フィッシャー(Carrie Fisher)さんの死因について、ロサンゼルス(Los Angeles)郡の検視当局は16日、睡眠時無呼吸と「その他の不明な要因」だと発表した。

 短い検視報告書は、薬物の使用と、動脈壁に血小板がたまっていくアテローム性動脈硬化症についても触れ、複数の薬物の使用を指摘しているものの、その影響については不明だとしている。検視当局によれば、不審死扱いになるという。

 フィッシャーさんは昨年12月、英国からロサンゼルスに戻る機内で倒れ、4日後に亡くなった。1月、ロサンゼルスの検視当局は死因を心不全だと発表した。

 フィッシャーさんはさまざまな依存症に苦しみ、双極性障害や処方薬物の使用についても公表していた。

 フィッシャーさんの母親で1953年のミュージカル映画『雨に唄えば(Singin' in the Rain)』で映画ファンの心をつかんだ米女優デビー・レイノルズ(Debbie Reynolds)さんも、フィッシャーさん死去の翌日に亡くなった。
【翻訳編集】AFPBB News