「プロデュース101」シーズン2の最終回で脱落したキム・サムエル、ファンに感謝の挨拶

写真拡大

Braveエンターテインメント所属のキム・サムエルが、「プロデュース101」シーズン2の最終回で脱落した後、感謝の気持ちを伝えた。

キム・サムエルは17日、自身のTwitterを通じて「『プロデュース101』シーズン2の幕が降り、これまで多くの関心と応援を送ってくださったファンの皆さんに深く感謝を申し上げます」とあいさつした。

続いて「そのたくさんの労苦にもう一度頭を下げて感謝し、今後もサムエルに向けた無限の関心と応援をお願いいたします。お疲れ様でした」とつけ加えた。

16日夜、韓国で放送されたMnet「プロデュース101」シーズン2最終話を通じて、国民ボーイズグループWanna Oneのメンバー11人が最終確定した。

キム・サムエルは優れたダンスの実力を土台に放送序盤から上位に名前をあげ、期待を高めたが、惜しくも最終回で脱落した。