一度インストールしてしまったが最後、アプリをアンインストールしてもホーム画面上に広告が出現し続ける――まるでゾンビのようなアプリがAndroidユーザーを困らせています。

強制終了もアンインストールも通用しない!

イギリスの研究機関であるSophosLabsによると、Google Play上に存在する少なくとも47のアプリが、App/MarsDae-Aと呼ばれるアドウェアライブラリーに関連付けられていることが分かりました。該当するアプリをダウンロードしたユーザーは最大で600万人ほどに上るとみられています。
 
ダウンロードする前は、害のなさそうなブラウザだったり、ゲームだったりに偽装していますが、実際にこのアドウェアが仕込まれたアプリをインストールすると、ホーム画面上に広告が表示されるようになります。
 

 
例えば、アドウェアが仕込まれている「Snap Pic Collage Color Splash」という画像加工アプリをインストールした場合は、このような広告がロック画面に出現します。ちなみに、このアプリは5万回以上はダウンロードされたとのことです。
 

 
さらに悪質なのは、このアプリを強制終了したりアンインストールしたりしようとしても、ファイルを次々と複製することによって、広告が数秒後には復活する仕組みになっている点です。
 
当然レビューは、被害にあったユーザー達によって酷評の嵐となっています。
 

決してダウンロードするな、という被害者の叫びが綴られている


 
もしも、こうしたアドウェアにスマートフォンが冒されてしまった場合、SophosLabsが提供している無料のアンチウイルスアプリによって対処ができるようです。もちろん、怪しいアプリをインストールしないことが最大の対策なのは、言うまでもありません。
 
 
Source:SophosLabs
(kihachi)