▽明治安田生命J3リーグ第13節の栃木SCvs鹿児島ユナイテッドFCが17日に栃木グリーンスタジアムで行われ、2-1で栃木が勝利した。

▽4位の栃木(勝ち点22)は2位の沼津(勝ち点23)と勝ち点1差まで迫っており、勝利すれば今節終了時での昇格圏内浮上も見えてくる。対する6位の鹿児島(勝ち点18)は2連勝中で好調を維持。さらに、昨季J3得点王の藤本は直近2試合で3得点しており、注目が集まる。

▽序盤から鹿児島の藤本が調子の良さを見せる。13分、藤本が栃木陣内中央でボールを受けると、ワンタッチで前を向き強烈なロングシュートを放つ。無回転気味のシュートにGKは反応できていなかったが、バーに直撃し得点とはならなかった。

▽25分、攻勢を強めた鹿児島が先制する。ボックス内で尾本がハンドを犯したとの判定を受けてPKに。栃木陣営は猛抗議するも、判定は覆らず。キッカーを務めた藤本がGKの動き出しを見て冷静に逆へ蹴り込み、3試合連続得点となる今季9得点目を挙げた。

▽折り返して55分、ボックス内左でボールを持った西谷がDFの股下を通すシュートを放つも、これは枠を左に外れた。反撃に出る栃木は西谷を起点にチャンスを作ろうとするが、鹿児島の素早いチェックを前に決定的なシーンは生まれない。

▽それでも59分、栃木の猛攻が実を結ぶ。ボックス内右へドリブルで切り込んだ西谷が丹羽に倒され、今度は栃木がPKを得る。キッカーの岡崎がゴール右へ豪快に蹴り込み、試合を振り出しに戻した。

▽77分、栃木が逆転に成功する。福岡が左サイドから柔らかいクロスを上げる。するとゴール前に走り込んだ上形が勢いよくヘディングシュートを叩き込み、逆転弾とした。上形は2試合連続でのゴールとなる。

▽試合はこのまま終了し、勝利した栃木(勝ち点25)は暫定2位へ浮上した。対する鹿児島(勝ち点18)は先制しながらも3連勝とはならず。好調を断ち切られる痛い敗戦となった。

▽6/17(土)

栃木SC 2-1 鹿児島ユナイテッドFC

▽6/18(日)

《13:00》

ガイナーレ鳥取 vs カターレ冨山

《14:00》

Y.S.C.C.横浜 vs FC東京U-23

《15:00》

福島ユナイテッドFC vs ギラヴァンツ北九州

SC相模原 vs 藤枝MYFC

アスルクラロ沼津 vs ブラウブリッツ秋田

《17:00》

AC長野パルセイロ vs セレッソ大阪U-23

《18:00》

ガンバ大阪U-23 vs グルージャ盛岡