男子ゴルフ米国ツアーメジャー第2戦、全米オープン選手権2日目。バンカーショットの行方を見守るダスティン・ジョンソン(2017年6月16日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】男子ゴルフ米国ツアーメジャー第2戦、全米オープン選手権(2017 US Open Championship)は16日、米ウィスコンシン(Wisconsin)州のエリンヒルズ(Erin Hills)で2日目が行われ、世界ランク1位で大会連覇を目指したダスティン・ジョンソン(Dustin Johnson、米国)は、通算4オーバーで予選落ちとなった。

 優勝候補の筆頭だったジョンソンだが、初日に3オーバーをたたき、2日目も3バーディー、4ボギーに終わってカットラインの1オーバーに届かなかった。

 12番まで3バーディー、1ボギーで通算1オーバーとしたジョンソンは予選突破に望みをつないだが、そこからボギーを3本たたいて万事休すとなった。

「全米オープン。私にとって大きな意味を持つメジャー大会だ。週末にプレーできないのは本当に残念だ。それで、得るものも多くあった。ドライバーは良かったと感じている。だから、とにかく家に帰って少しリラックスして、家族と過ごす。1か月後の全英オープン(The Open Championship)で会おう」
【翻訳編集】AFPBB News