今季限りの現役引退を発表した宮里藍(31歳)が、先のサントリーレディスで国内”ラストゲーム”を戦った。日本女子ゴルフ界を盛り立てた第一人者のフィナーレというだけあって、連日凄まじい盛り上がりを見せた。その姿を、ともに戦ってきた選手たちも熱い眼差しで見つめていた。彼女たちにとっても、宮里藍はまさに”特別な存在”なのである。その思いを今回、多くの選手たちに語ってもらった――。


サントリーレディスの試合後、ファンに挨拶し涙ぐむ宮里藍渡邉彩香(23歳)
1993年9月19日生まれ、静岡県出身。今季賞金ランキング12位。
2012年プロテスト合格。ツアー通算3勝。(※成績等のデータは6月16日現在、以下同)

 今年の中京テレビ・ブリヂストンレディスで、藍さんが最終日にスコアを伸ばして、私も同様に伸ばすことができて、ロッカールームで「(契約先の)大会を盛り上げられてよかったね」みたいな話をふたりでしたばかりだったんです。その直後に引退を発表されたので、びっくりしました。でも、今思うと、同じホステスプロとして一緒に上位フィニッシュできたのはよかったな、と思っています。

 実は数年前、藍さんが苦しんでいるときに話をする機会があったんです。そのとき、「調子が悪いときはどうしているんですか?」と聞くと、藍さんは「調子が上がらないときも、絶対に逃げない。逃げちゃダメ」と言っていたんです。そして、「どんなにつらくても、目の前の試合から、自分のやっていることから逃げない」と。「そういうときこそ、(自分と)向き合うしかないから」って。

 昨年、私は調子を崩して、ドライバーがどこに行くかわからなくて、試合に出たくない状態にあったんですけど、そのとき、藍さんから言われた言葉を改めて思い出し、しっかり心に刻んで試合に出続けました。(私の中では)あのときの、藍さんの言葉がずっと支えになっています。


宮里藍と横峯さくらとの関係性のよさについて触れる香妻琴乃香妻琴乃(25歳)
1992年4月17日生まれ、鹿児島県出身。今季賞金ランキング59位。
2011年プロテスト合格。ツアー未勝利。

(藍さんとは)3年前、試合で一緒に回ることができました。すごく気さくで、優しい人だな、というのが率直な印象でした。それ以降、会うと「どう、元気?」って声をかけてくれます。

(横峯)さくら姉ちゃんと藍さんは、ジュニアの頃からすごいライバルだって聞いていて、(ふたりの関わりを)見ていると「なんか、いい関係だなぁ〜」ってずっと思っていました。31歳での引退は早いんじゃないかなって感じますけど、すごく濃いゴルフ生活を送ってきたでしょうから、藍さんなりの気持ちがあるんだろうなって思います。

勝 みなみ(18歳)
1998年7月1日生まれ、鹿児島県出身。アマチュア。

 ゴルフを始めたのは祖父の影響もありますけど、ちょうどその頃に藍さんが活躍されていて、それを見て「カッコいいな」と思ったことが大きなきっかけでもあります。プレースタイルも素晴らしいんですけど、人間性に憧れます。

 3年前(2014年)、ワールドレディスチャンピオンシップ・サロンパスカップで同じ組で回らせていただいたことがあったんですけど、そのときは緊張しすぎて何を喋ったかも覚えていないくらいで……。初日は手も動かなくて、結構迷惑をかけてしまった部分もあったんです。

 私の中では”藍さん=神様”みたいな感覚なので、会った瞬間、すごくうれしかったんです。もうヤバかったです。ツアーの最年少優勝記録は私が塗り替えましたが、自分の中で藍さんを超えることはないので、ずっと目標の選手です。

一ノ瀬優希(28歳)
1988年10月5日生まれ、熊本県出身。今季賞金ランキング58位。
2007年プロテスト合格。ツアー通算3勝。

 私がプロ本格参戦1年目の秋に、藍さんと一緒に回る機会があったんですが、もうド緊張して「80」も叩いてしまいました(笑)。普通に(ラウンド中は)「優希ちゃん」と呼んでもらえて、「私なんかのことも名前で呼んでくれるんだ!」って、すごく感激し、うれしく思ったことを今でも覚えています。

 ここ十数年、主戦場は日本ではありませんでしたけど、藍さんという存在はずっと”あるもの”だと思っていましたから、引退されてしまうのはやっぱり寂しいですね。


サントリーレディスでは宮里藍と一緒に練習ラウンドをこなした新垣比菜新垣比菜(18歳)
1998年12月20日生まれ、沖縄県出身。アマチュア。

(サントリーレディスの練習ラウンドで)一緒に回らせてもらって、その際に(藍さんから)『プロテスト、がんばってね。普通にやれば、大丈夫だよ』と言っていただきました。私は同じ沖縄県出身なので、特に(藍さんへの)思い入れが強いと思います。子どもの頃から(その活躍を)見ていて、目標でしたから。

 沖縄の人は、子どもからおじいちゃん、おばあちゃんまでみんな、藍さんのことが本当に大好きです。沖縄の”誇り”ですね。

葭葉ルミ(24歳)
1993年3月12日生まれ、東京都出身。今季賞金ランキング67位。
2012年プロテスト合格。ツアー通算1勝。

 ジュニアの頃、(宮里藍選手は)みんながお手本として目標にする存在だったので、私もそういう存在だと思っていました。(31歳での引退は)私自身、そういうことを考えたことはなかったので……、何とも言えないですけど。できれば、アメリカのこととか、いろいろと話を聞いてみたかったです。




宮里藍とラウンドした際のことを振り返る青木瀬令奈青木瀬令奈(24歳)
1993年2月8日生まれ、群馬県出身。今季賞金ランキング16位。
2011年プロテスト合格。ツアー通算1勝。

 昨年のTOTOジャパンクラシックのとき、藍さんとリディア・コー(20歳/ニュージーランド)選手と一緒に回りました。世界ランキング1位となったふたりと回って、周りに対する配慮の大切さを感じました。

 例えば、ミスショットをしたときって、日本の選手は普通(ミスした選手に)声をかけないじゃないですか。でも、ふたりは私がミスをしても「OK!(大丈夫)」とか声をかけて励ましてくれ、ナイスショットしたときには「FINE!」とか言って、気持ちを高めてくれました。

 特に藍さんは、みんなが気分よくラウンドできるよう、気配りができるんですよね。そのとき、「ああ、やっぱり世界で一番になるような人は、周りが見えて(気持ちに)余裕があるんだな」って思いました。それ以来、私もできる限り、周りに対する配慮のようなことを心がけるようにしています。

川岸史果(23歳)
1994年10月13日生まれ、神奈川県出身。今季賞金ランキング8位。
2015年ツアーデビュー。ツアー未勝利。

 私がアマチュアのとき、初めて出場したプロの試合で(宮里藍選手と)一緒の組だったんですけど、私が16位だったので「すごいね!」って言ってもらったんですよね。そのときのことはよく覚えています。

(宮里藍選手は)私たちの世代が、ゴルフを始めるきっかけとなる人物であることは間違いないです。女子ゴルフ界を開拓してくださった方ですし、若くしてアメリカツアーにも行って活躍したじゃないですか。ああいうふうになりたいと思いますけど、私なんかが比較しちゃいけない存在ですよね。

高橋彩華(18歳)
1998年7月24日生まれ、新潟県出身。アマチュア。

 私がゴルフを始めたのが10歳のときで、藍さんはずっと目標でした。あんなふうに「みんなに愛される人になりたい」という思いでやっています。そうしたら、サントリーレディスの初日、2日目に一緒に回る機会をいただいて、すごく光栄でした。私も一生懸命やって、自分の思うような成績を出せるようにがんばっていきたいです。


宮里藍は「憧れの存在」という辻梨恵辻 梨恵(23歳)
1994年1月28日生まれ、神奈川県出身。今季賞金ランキング31位。
2013年ツアーデビュー。ツアー未勝利。

 今年のダイキンオーキッドレディスのときに初めて、(宮里藍選手と)一緒にラウンドさせてもらいました。ご自身は本調子ではなかったようですが、そんななかでも一緒に回る私に「ナイスパー」とか「ナイスバーディー」とか声をかけてくれて、すごく優しかったです。

(宮里藍選手は)私がジュニアの頃から活躍されていたので、本当に憧れの存在です。引退については、ご自身が「やり残したことがない」と思えるのであれば、早いとは思いません。アメリカツアーで9勝ですよね、本当にすごいことだと思います。

柏原明日架(21歳)
1996年1月30日生まれ、宮崎県出身。今季賞金ランキング27位。
2014年プロテスト合格。ツアー未勝利。

(宮里藍選手は)正直、テレビの中の人という感じです。引退するといっても、芸能人の誰かが引退するような感覚。私が何か言うのもおこがましい感じがします。「寂しくないか?」と聞かれたら、もちろん寂しいです。女子プロの今の”この世界”を作った人ですから。


「先輩」宮里藍を尊敬している原江里菜原 江里菜(29歳)
1987年11月7日生まれ、愛知県出身。今季賞金ランキング45位。
2007年ツアーデビュー。ツアー通算2勝。

(引退することを聞いて)まずは、責任感がすごく強い人だなって改めて思いましたね。私たちとは背負っているものが違うし、自分が求められていることの高さがわかっているから、それに対して「自分ができるのか、できないのか」ということを、自分なりに冷静に判断しているんだなって。傍から見たら、まだまだやれるじゃないかって思うかもしれないけど、自分が求めている姿がそこじゃないと思える時点で、すごくストイックな人だなって思って、さらに尊敬する気持ちが強くなりました。

――以前、成績が出ないときでも試合に出続ける大切さについての話を聞いたことがあるが。

 それは、藍先輩に「江里菜は成績が出ていないときでも、試合に出続けていることが偉いし、それはすごく大事なことなんだよ」って言われました。藍先輩のお父さんがそれと同じことを藍先輩に言っていたみたいで、それを私にも伝えてもらった。だから、私も(不振な状態のときでも)試合に出続けられたんだと思います。

――原選手が苦しい時期を過ごしていた森美穂選手に伝えた言葉もある。

 そうです、それも藍先輩に言われた言葉です。「人は『できない、できない』というけれど、それは”できない”のではなくて、途中で諦めてしまうから”できない”んだよ。だから、最後まで諦めなかったら、人は何でも成し遂げられるんだよ」って。それが、私の中では本当に強く心に残っていて、私自身、不調の時期を(その言葉によって)乗り越えてこられた。だから、その言葉を森美穂ちゃんに伝えたんです。

◆『宮里藍と歩んだ戦友たちの思い。「すべてが完璧」と上田桃子は言った』を読む>>

【フォトギャラリー】
原江里菜、渡邉彩香、香妻琴乃ほか 12名が語る「私にとっての宮里藍」

■ゴルフ 記事一覧>>