アンミカ

写真拡大

17日放送の「上田晋也のサタデージャーナル」(TBS系)で、モデルのアンミカが、「共謀罪」成立をめぐって安倍政権を強く批判した。

番組では、犯罪を計画段階から処罰できるようにする「共謀罪」の趣旨を含む改正組織的犯罪処罰法の採決のあり方を取り上げた。自民党は、参議院での法務委員会による審議を途中で打ち切り、中間報告という形で参議院本会議に提出するという「奇策」を用いて成立させている。

この一連の流れに、アンミカは「強引に臭いものに蓋をするような切られ方」だった感想を述べ、「(政府は)ここで国民は忘れるだろう(と思っている)」と意見。さらには「バカにされている」「悲しいし情けない気持ち」になったとまくし立てた。

また、法案の再審議、歯止め役を買っているはずの参議院について「しっかり(議論を)進められていくべき」だと主張し、今回の参議院をないがしろにするような「奇策」が用いられたことは「(参議院は)暴走を食い止める機能もなくなったんや」と嘆いた。

さらにアンミカは、「イライラが止まらない」と嫌悪感をあらわにする。共謀罪のような大事な議論が、加計学園の疑惑隠しのために利用されたと指摘した上で、「国民はバカじゃない」「今後絶対(影響が)出てきます」と語気を強め政府を批判した。

【関連記事】
近藤春菜の女子力の高さにアンミカも感心 私服はモデル御用達ブランドばかり
アンミカの体験談にネット上で有名コピペとの類似を指摘する声
室井佑月氏が「テロ等準備罪」の可決で自民党に恨み節「選挙で覚えてろよ」