男子ゴルフ米国ツアーメジャー第2戦、全米オープン選手権2日目。ラウンド後、ロリー・マキロイ(左)と握手を交わすジェイソン・デイ(2017年6月16日撮影)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】男子ゴルフ米国ツアーメジャー第2戦、全米オープン選手権(2017 US Open Championship)は16日、米ウィスコンシン(Wisconsin)州のエリンヒルズ(Erin Hills)で2日目が行われ、ジェイソン・デイ(Jason Day、オーストラリア)は通算10オーバーで予選落ちとなった。

 世界ランク3位のデイは、初日に7オーバーをたたいて奇跡の巻き返しが必要となった2日も3オーバーに終わり、カットラインとなった1オーバーを大きく下回った。

 初日に1ラウンドでトリプルボギーを2回たたくというキャリア初の経験をしたデイは、2日目は4バーディーを奪ったものの、これを5ボギー、1ダブルボギーで相殺してしまった。

「ラフの中にいる時間が多かった。メジャーでプレーするということ、こういった大会に備えるためにすべきことが分かっていたので、これまで出場したメジャーの中でも、今回は最高の準備ができていると感じていた。本当に腹が立つよ」
【翻訳編集】AFPBB News