要注意!一発で男性に幻滅される”映画デートでのNG行動”5選

写真拡大

彼との映画デートで5つのNG行動を取った場合、幻滅され嫌われる恐れがあります。
館内が暗いから、皆スクリーンに夢中だからといって、軽率な行動をしていませんか?
ご紹介するNG行動を避けて、彼に楽しい映画デートだったと思ってもらいましょう。

●(1)音を立ててポップポーンを食べジュースを飲む

『隣が気になって映画に集中できない。一緒にいて恥ずかしい』(29歳/販売)

自分では気を付けているつもりでも、夢中になっていると音を立てて食べがち です。
ジュースもカップに入っている量が残り少ないと、勢い余ってすする音が出てしまいます。

そうすると隣にいる男性に「映画に集中したいのに煩いな」と悪印象を持たれるのです。
食べ方が汚い女性だとも思われやすいので、なるべく音は立てないようにしましょう。

●匂いの強い食べ物もNG

ポップコーンやジュース以外にも、映画館には様々な飲食物が販売されています。
映画を見ながら気軽に食べられるハンバーガーやチキン、でもその匂いも問題です。

隣の席で匂いの強い食べ物を食べられると、「気が散る」と思われてしまいます。
そういった食べ物は口臭もキツくなるので、臭いと思われないよう注意しましょう。

●(2)泣き過ぎてメイクが崩れた顔を晒す

『感動したのは分かるけど、メイクが崩れてたらびっくりしちゃう。トイレで直してきてね』(31歳/飲食)

感動する映画を観て涙を流す女性の横顔に男性はときめいて恋を予感するでしょう。
しかしあまりに泣き過ぎて酷くメイクが崩れた顔を晒すと男性は引いてしまいます。
涙が出た時はそっとハンカチで拭う程度に留めておきましょう。

●(3)大きすぎるリアクション

『映画館で騒ぐのはいくらなんでもマナーなさすぎ、もう二度と一緒に行きたくない』(26歳/IT)

コメディ映画を観た時に大きな声で笑ったり、手を叩いたりしていませんか?
ホラー映画が怖いからと、声に出して「怖い!」なんて言ってはしゃいでいませんか。
こういった大きすぎるリアクションは、映画館では迷惑行為になってしまいます。

男性も大きすぎるリアクションの女性を見て一緒に居るのが恥ずかしいと感じるのです。
その恥ずかしさが幻滅へと繋がり、100年の恋も冷めるきっかけ になってしまいます。

●(4)上映中のスマホ操作

『上映中のスマホは絶対だめでしょ、そんな人見たことないけどもしいたら軽蔑するね』(30歳/SE)

映画の上映中はスマホの電源を切る事が最低限のマナーで、上映前にも注意されます。
それなのにスマホの電源を切らないどころか操作するのは、最大のNG行為でしょう。

スマホ画面の明かりは意外と目立ちますし、周りにいる他のお客さんにも迷惑です。
「職場から急ぎのLINEが来たから」なんて言葉は決して言い訳になりません。

●電源は必ず切っておく事

スマホを操作しなくてもマナーモードじゃないと、思わぬ時に着信が来る事もあります。
着信音を設定していたら、隣に居る男性にも「常識がない子だな」と思われかねません。
幻滅されるきっかけを作らないように上映中は必ずスマホの電源を切っておくべきです。

●(5)映画への文句や駄目だしをする

『観終わった後に「つまんなかった」って言われたら一緒に見て損した気分になる』(26歳/コンサル)

気に入らない映画だと、どうしても「このシーンが嫌い」と文句を言いたくなるもの。
しかしせっかくの映画デートなのに、ケチをつけられたら男性は不快に思います。
それも映画を選んだのは彼だったら、「自分に駄目だしされているみたい」と感じます。

不必要に男性を不快な気持ちにさせない為にも、映画の文句や駄目出しは控えましょう。
映画を観た後は「連れてきてくれてありがとう」と笑顔でお礼を言うことが大切 です。

----------

いかがでしたか?
気になる男性との映画デートは意外と注意点が多いのです。
ただどのNG行動も、普段からモラルとマナーに注意していれば自然と避けられるでしょう。

彼から幻滅されないように、5つの行動に気を付けて映画デートを楽しんでください。

(文/恋愛jp編集部)