ウィンブルドン選手権の観戦に訪れたジュディ・マレーさん(2015年7月4日撮影、資料写真)。(c)AFP=時事/AFPBB News

写真拡大

【AFP=時事】男子テニスのアンディ・マレー(Andy Murray)とジェイミー・マレー(Jamie Murray)の母親であるジュディ(Judy Murray)さんが16日、大英勲章第4位にあたるオフィサー章(OBE、Order of the British Empire)を授与されることが分かった。

 2度ウィンブルドン選手権(The Championships Wimbledon)を制しているアンディは2013年に、ダブルスで四大大会(グランドスラム)優勝を経験しているジェイミーは2016年にオフィサー章を授与されている。

 フェドカップ(Fed Cup)で英国代表の監督を務めた57歳のジュディさんは、テニス界や女性のスポーツ進出への貢献、チャリティー活動が認められて受賞に至った。

 オフィサーはコマンダー(CBE、Commander of the Order of the British Empire)とメンバー(MBE、Member of the Order of the British Empire)の間に位置する。

 なお、アンディは今年1月にナイト(Knight Bachelor)の称号を授与され、「サー(sir)」の敬称で呼ばれることになった。
【翻訳編集】AFPBB News